片山祐輔被告、母親の言葉に涙、過去に丑田祐輔として実刑歴あり

公開日: ニュースキュレーション

気になったニュースをピックアップして解説

最近、睡眠時間が6時間を切っていてちょっと眠い。
人間の適正な睡眠時間ってどれくらいなんでしょうね。
社会人だと6時間を規準に考えている人は多いと思いますが。

今日はこのニュースをピックアップ。

片山被告、母のメールに涙ぐむ PC遠隔操作事件

佐藤博史弁護士は20日、片山祐輔被告を検事に引き渡し、その後、約2時間にわたって記者会見した。
片山被告が2013年2月に警視庁などに逮捕された直後から弁護人になり、無罪を主張。ともに警察や検察を激しく批判してきた。

「ただ、裏切られたとか、否定的な感情はわきません」。
こうも強調した。

片山被告からの電話が入ったのは19日午後9時半ごろ。
「先生、申し訳なかった」。
連絡が取れなくなって11時間。
電話口の片山被告は事件への関与をすべて認めた。

[朝日新聞デジタル]
http://www.asahi.com/articles/ASG5N5GNGG5NUTIL03B.html

スポンサーリンク

 

katayama

保釈中に墓穴を掘り、とうとう犯行を認めざるをえなくなってしまった片山祐輔被告。
ネット上でも散々言われていますが、行動がちょっと短絡的でしたね。
何らかの焦りがあったんでしょうか。

自殺を試みたが、死にきれなかったとのこと。
無期懲役や死刑になるような罪ではないと思うんですけどね。
全体的に行動や言動に幼稚さというか、中二病をこじらせた感じは垣間見れます。

保釈金も1000万も払っていたんですね。
このお金が出てきてしまうあたり、元々ある程度裕福な家なんでしょうか。

ちなみに、この保釈金は没収される見通しだとのことです。

翌20日朝、宿泊先のホテルに迎えに行った。
片山被告は夜まで缶チューハイをあおり、少し眠ったという。

現実逃避のために飲むお酒が缶チューハイ。
えらいかわいいもん飲んでるな。
片山被告はイメージ通りのキャラクターなんでしょうね。
「缶チューハイをあおる」って表現がなかなか秀逸。

事務所で事件への関与を説明し終え、片山被告がスマートフォンの電源を入れると、母親からのメールが届いていた。
「あなたが真犯人だったとしても受け入れる」。
そんな文面を読み、片山被告が母親に電話をかけた。
「悪かった、悪かった」。
こう繰り返しながら、母親からのメールや電話の時だけ、片山被告は涙ぐんだという。

母親は子供が大きくなっても母親なんですよね。
全てを包み込む偉大なる母の愛、ですか?
受け入れなきゃ母親も生きていけないし、母親としての責任も受け入れなきゃならないですからね。

自殺を踏みとどまったのは正しい判断だったんじゃないでしょうか。
でなきゃ母親も死んでますよ。
しっかりと罪を償ってほしいものですね。

誤認逮捕されて、人生が変わってしまった大学生は今はどうしているんでしょうか?
前向きに暮らしているといいんですけどね。

丑田祐輔として過去に逮捕、実刑歴あり

ところで、片山被告は過去にも同様の事件で実刑歴があるんですね。
当時は「片山祐輔」ではなく「丑田祐輔」だったようです。

名字が変わったのは、両親が離婚して母親の姓になったからのようですね。
ただ、犯罪者が社会復帰のために何らかの方法で名字を変えるのはよくあるパターンですよね。

過去の事件の内容は、あの「のまネコ事件」なんですね。
これ、当時結構話題になった有名な事件ですよね。
エイベックスが「のまネコ」の製作販売に当たり、2ちゃんねるの“モナー”と酷似したキャラクターだとしてエイベックス社員や社長を脅迫したという内容です。
覚えている方も多いのでは。

こんな事件を犯した人が、また懲りずにやってるんですねー。

今回の事件に潜む恐ろしさ

皆さんは今回の一連の事件についてどう思いましたか?
どうしても片山被告のキャラクターが強く、そればかり先行してしまいがちになりますが、4人の冤罪被害者をだしている時点で結構恐ろしい事件ですよね。

私が思うのは、上記の通り結構幼稚な行動をしてしまい、過去に同様の犯行で実刑歴のあるような要注意人物が行っても、この程度のことができてしまうことに怖さを感じます。
つまり、賢い人間がやろうと思ったらいくらでも逃げ続けながら犯行を行えるんじゃないかということですね。

今回の事件は、日本の警察のITの弱さを露呈してしまっています。
ここが改善される気がしないんですけどねー。

こんな犯行予告じゃなくても、他人に嫌がらせをする方法なんていくらでもありますし、利益を得る方法だっていくらでもあります。
そして、そのような犯行に対して警察は無力だということです。

つまりは自己防衛しなきゃいけないんですけど、そんなもんどこまで出来るのかという感じですよね。
現状では交通事故にあったように不運だったと思うしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

任天堂が大赤字、WiiU売れない、経営再建のカギはスマホ?

気になったニュースをピックアップして解説 ゴールデンウィーク中に岐阜県飛騨地方で何度も地震が発生し

記事を読む

チャゲアス、アスカ逮捕で浮気相手の名前が!シングル売上ランキング

気になったニュースをピックアップして解説 どこもこのニュースばかりですが、思うところを書いてみます

記事を読む

田中将大故障、怪我の具合は?復帰時期、トミー・ジョン手術も

書きたくなかった。マー君のこんな記事。 ここ最近の田中将大の投球は今までとちょっとずつ変わって

記事を読む

栩内容疑者とパソナの関係は?パソナとサンリオの今後の株価

気になったニュースをピックアップして解説 今日はこのニュースをピックアップ。 ASKA騒動、まだ

記事を読む

ワタミ赤字の原因、理由は?ネット住民はまんまと踊らされている?

気になったニュースをピックアップして解説 3月決算企業の決算発表の時期ですね。 続々と色々なニュ

記事を読む

JTB社員が泣いて謝る、与沢翼は本当に破綻?

気になったニュースをピックアップして解説 今後は毎朝更新を目標としますが実現できるのか。 生暖か

記事を読む

LINEで株を購入!SBI証券の挑戦と戦略。セキュリティは?

何かと話題のLINEがSBI証券と新サービス 今や日本のライフラインと言っても過言ではないLINE

記事を読む

no image

ソニー「スマートアイグラス」の機能が近未来的!デザインは…

日本製ウェアラブルデバイス「スマートアイグラス」 メガネ型の装着端末、ウェアラブルデバイスがこれか

記事を読む

三重女子中学生事件、殺人罪での起訴見送り、他

ニュースキュレーション始まるよ 気になったニュースをピックアップして解説。 ようやく「ネットニュ

記事を読む

妖怪ウォッチとは?なぜ人気なのか?関連銘柄、関連株は?

妖怪ウォッチが流行っているらしいが・・・ 最近何かと話題の妖怪ウォッチ。 ネットなどで良く目

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人三期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

男の全身脱毛!脱毛完了した僕が感想、料金、メリットなど全てを晒す
男の全身脱毛!脱毛完了した僕が感想、料金、メリットなど全てを晒す

男の全身脱毛は情報が少ない! 僕は顔から下の毛まで全身すべてを医

介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く
介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く

介護職の人間関係で悩んでいる人は多いんです 介護現場の人間関係は

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説
男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップにはコツがある? 「世間的には看護師は

元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数
元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数

フェイシャルエステって、いつ・何回行くのがベストなの? フェイシ

毛深い女が銀座カラーの全身脱毛に8回通った状況、効果をありのままに書く
毛深い女が銀座カラーの全身脱毛に8回通った状況、効果をありのままに書く

銀座カラーに通っている私のリアルな状況と効果 全身脱毛。 それ

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

客先常駐で働くメリット・デメリットを私の経験から8コ挙げてみる
客先常駐で働くメリット・デメリットを私の経験から8コ挙げてみる

客先常駐の働き方に不安はありませんか? 「客先常駐」とは、IT業

介護職の強いストレスとの向き合い方。経験者が楽しく仕事する方法を解説
介護職の強いストレスとの向き合い方。経験者が楽しく仕事する方法を解説

介護職はストレスが溜まりやすい仕事なんです 僕は毎日のように

胸毛が濃い人は処理すべき理由。全身脱毛した僕がメリットを全て解説
胸毛が濃い人は処理すべき理由。全身脱毛した僕がメリットを全て解説

カミソリで胸毛処理をすると絶対にバレる 「おまえ、胸毛剃ってきた

家のリフォーム時にエクステリアも同時にやりたい!安くできる方法
家のリフォーム時にエクステリアも同時にやりたい!安くできる方法

エクステリア工事、会社選びはどうしていますか? 家も10年20年

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑