モナコインの今後の価格予測【超絶ポジショントーク記事】

公開日: 仮想通貨投資

モナコインは今後、どんな値動きになるのか

最初に書いておきますが、この記事は現在モナコインを90,000枚持っている私の超絶ポジショントーク記事です。

ポジトークだけに、どうしてもちょっと煽り気味になるはずです。
それをご理解の上で読んでいただけると幸いです。

モナコインが100円の節目を超えて急騰が始まり、今日で3日目。
あれ、まだ3日しか経っていないのか。

これを書いている現在の価格は565円
→書くのに時間がかかって、今見たら420円でした。あちゃー。

3日間で結構値上がりしましたね。

1時間足のチャートはこんな感じ。

なかなかキレイ。
→今はちょっと崩れましたw

で、モナコインのこの値動きを見て、

「なんで落ちてこないんだろう???」

と不思議に感じている人は結構いると思います。

何か、運が偏り続ける奇跡のようなことが起こっているんじゃないかと。
パチンコで言えば、確変が20連チャンしているような感じ?

でも、物事にはやっぱり理由があるんです。
その証拠と言えるかは分かりませんが、私は今でも1枚も売っていません。

これだけ抱えていても、不安も少ないです。

今回はその辺の理屈の話と、それを踏まえた今後の価格予測を書いてみます。

正直、価格予測記事を書くことにはある種の怖さはあるんですが、自分にそんなに影響力があるとは思えないので好き放題書きます!

極端な下落が発生しない理由

まず、なぜ極端な下落が発生しないのか?

この理屈は簡単で、

売る人よりも買う人のほうが多いから

です。

相場で価格が決定する理屈ですが、ある値段で買いたい人と売りたい人がいて、初めて価格が決定します
例えば、500円で買いたい人と500円で売りたい人がいて、初めて約定します。

取引所取引ではこれが連続して行われ、その結果として価格チャートが描かれていくわけですね。

その中で、売る人よりも買う人のほうが多いとどうなるのか?

基本的には売り物不足になりますので、現在価格よりももう少し上での価格を探りに行きます
もう少し上なら売りたい人がちょっと増え、買いたい人がちょっと減って、均衡点が見つかるわけですね。

ただ、更に買いたい人が増えると、また同じことが行われて価格は少し上昇します。

みんなが同じことを考えたら、価格は動かない

極端な話をすると、相場に参加している人全員が、

モナコインの適正価格は【2,000円】だよね

と完全に信じたとしたなら、その瞬間に価格がワープして一気に2,000円になります。

2,000円の価値があるわけで、わざわざ1,900円で売る人はいません。
もしも1,900円で売っていたとしたら、一瞬で誰かが買ってしまいます。

あ、先にネタバラシしておくと、今後意図的に【2,000円】という単語をたくさん使っていきますのでよろしくw

なぜ今モナコインを売る人よりも買う人のほうが多いのか

価格の決定要因は分かったとして、次に、

「なぜ今モナコインを売る人よりも買う人のほうが多いのか」

についてですが、これも簡単です。

買う人が増える理由は、

ビットフライヤー上場で取引できる環境が増え、更に価格が上昇しているので、モナコインの値上がりを期待して買う人が増えているから

です。

具体的に調べることはできませんが、1週間前にモナコインを持っていた人数と、現在モナコインを持っている人数を比較すると、まず間違いなく増えています。
それも圧倒的に。

ちなみに私もその一人ですね。
1週間前には持っていませんでしたし、過去に一度もモナコインを持ったことはありません。

「ビットフライヤー上場とかあんまり関係なくね?もともとzaifで買えたわけだし」

こう考える人も多いと思いますが、両方の口座を開設している人ばかりではないんです。

何となくzaifを開設していなくて、ビットフライヤーで慌てて買った人も結構いるでしょう。
海外取引所であるbittrexで買った知り合いもいました。

以前の記事でも書きましたが、みんながみんな全ての口座を開設して準備しているわけじゃないですからねー。
なので、例えば今後コインチェックで上場すれば、さらに買う人は増えると思いますよ。

買う方の理由は簡単なんですが、売る人が少ない理由について。
実は、こっちが特に重要なんです

売る人が少ない理由は、

こんなところで売るのは素人さんの狼狽売りやある程度の量を持ってる人の一部利確であり、大口ほどこんなレベルでは売らないから

です。
いや、流石に断定はしちゃダメですね。
そういう確率が高いから、にしておきましょう。

ちなみに私もその一人ですね。

大口が一斉に利確売りをすれば、価格は大きく下落します。
下落していないということは、売っていないということです。

なぜ大口モナコイナーはこの価格帯で売らないのか?

では、なぜ大口モナコイナーはこの価格帯であまり売らない、売らない可能性が高いのでしょうか?

ここには色んな理由があると思いますが、「今、この相場をどう見ているのか?」というのは一つのポイントです。

他の大口投資家がどのように考えているのかは推測の域を出ませんが、私自身は現在のモナコイン相場について、

フェアバリューの調整、見直しが始まった

と考えています。
この見方をした瞬間、現在の相場は急騰でも何でもなく、単なる適正価格への移動でしかないんですよ

おそらくですが、同じように考えている大口さんは多いと思います。
だから売らないんです。

モナコインのファンダメンタルズ分析

私は仮想通貨のファンダメンタルズ要因は得意ではないので、モナコインの詳しい説明は他のブログに譲ります。
探せば見つかるので、読んでみてください。

とりあえず、モナコインはそのポテンシャルや実用性、実際に利用されているという事実に比べて、価格としては必要以上に低い評価を受けてきたということは間違いないと思います。

こういうことって、現物株なんかでもよくあることです。
実力はあるのに不人気で誰も見向きしなくて、何かのきっかけで見直し買いが入って適正価格に収斂していくというパターン。

もちろん、仮想通貨の場合は適正価格の割り出しは非常に難しいものです。
答えなんて無いでしょう。

ただ、モナコインはきっかけさえあれば時価総額上位コインと肩を並べても不思議ではない実力は備わっていたわけです。

そして、そのきっかけを与えたのはもちろんビットフライヤーさんでしょう。
株式会社bitFlyerが取引所にモナコインを上場させ、今後力を入れていくことを宣言したようなものですからね。

実際、明らかに力入れましたからねw

ただ、これはあくまでも触媒なんです。
本来の実力がなければ、相場は単なるババ抜き相場になっていたことでしょう。

これを言ったら誰かに怒られちゃうかもしれませんが、現在のPEPECASHなんかは単なるババ抜き相場だと思います。
誰かが仕掛けて値上がったから買われているだけで、最後に誰かがババを掴まされるというパターン。

モナコイン相場はババ抜きではなく、単なる適正価格への移動の可能性が高い

ババ抜きではなく、【2,000円】のプレミアムチケットをなぜか押し付けあっている状態。

そう思ってチャートを見てみてください。
不思議と今までとは違って見えてきませんか?

モナコインの適正価格は?

では、本来の実力、適正価格は一体どこなのか?

これは流石に難しいんですが、時価総額から判断するのが一番まともなアプローチと言えるでしょう。

時価総額一覧は色んなサイトで見れますが、私はこれを見ています。

http://coincap.io/

これを書いている現在、24位まで来ました。

仮にモナが1,000円だとすると、$487,000,000くらい。

17位にランクインして、LSKとUSDTの間ですね。
私は他の通貨があまり分からないので何とも言えませんが、こんなもんなんですかね?

では、仮に【2,000円】だとしましょう。
$974,000,000くらい。

12位にランクインして、ETCとADAの間ですね。

仮に2,000円までいったとしても、まだ全体で12位なんです
Ethereum Classicなんかに負けてしまうレベル。
こんなの、分裂したダメなほうですよw

ビットコイン取引量ナンバー1の国で、最初に生まれた仮想通貨であるモナコインが、こんなところにいていいんですかね?
今後コインチェック含め国内全ての取引所に上場するとして、こんなところにいると思います?
既に実用性もある仮想通貨なんですよ?

時価総額上位で、まだなんの実用性もない仮想通貨もあるんですよ。

流石にNEMの上までは厳しいけど、その下くらいに付けても何もおかしくないんじゃないの。
NEMの下まできたら、3,000円突破してますよ。

ぶっちゃけこんなのは単なる数字遊びの域を出ませんが、今後も日本国内で強めの取引所がオープンして国産仮想通貨を強化する流れができれば、絵空事ではないことは理解できると思います。
何も不思議じゃないんです。

モナコインが時価総額1位になるというのは、そりゃ無茶でんがな、です。
でも、10位以内に入ることは余裕だと思うんですけどねー。
あなたはどう思いますか?

というわけで、私は勝手な判断で、

現在のモナコインの適正価格はおよそ【2,000円】くらい

と思っています。
本当はもっと高くてもいいと思うんですが、今回の上昇だけでは流石にそこまで一気に適正価格の移動は行われないんじゃないかと。

今後もビットフライヤーでbitFlyer Lightningでの取引所取引がスタート、コインチェックで扱いスタート、大手メディアの取り扱いが増えていくなど色々な材料が待っているので、それが実現するごとにちょっとずつ適正価格は上がっていくと思いますね。

まずは今回【2,000円】、その後上記のような材料によって「保有しよう」と思う人が増えていき、適正価格がどんどん上がっていく感じです。

仮想通貨の海外ETFがそろそろ認可されるかもしれませんが、そうなるといずれは国内ETFも認可されますよね。
国内ETF、そりゃモナコインをポートフォリオに入れますよね?
そのころの適正価格はいったいいくらなんでしょう???

他の相場だと、素人の共通認識は危ない

こうやって適正価格を書くという取り組み、実は他の相場だと結構危ないんです。

現物株なんかだと、一般投資家に「この株の適性価格は3,000円」みたいなコンセンサスが生まれた瞬間に、そのギャップを利益に変える人たちが現れます。

多くの素人投資家が3,000円になるという希望を持って購入しますが、その後機関投資家ががんがん売り崩しをして、個人投資家の心を折っていきます。
一人ずつポキポキと折れて損切りしていき、そこが機関の買い戻しポイントになるわけですね。

偏りが出た場合に、それを反対方向で利益に変えることができてしまうわけです。

しかし、今回のモナコイン相場はどうでしょう。
売り崩したい人、素人投資家をはめ込みたい人、いる?
どこを探してもいないと思うんですよね。

ビットフライヤーやzaifは相場が盛り上がれば盛り上がるほど儲かるし、大口投資家はこんなところで売り崩してもメリットがない。
古参のビットコイン原理主義者の人たちは、そもそも売るという選択肢を持っていない。

空売りできる機関もいないし、あえて言えば海外投資家が事前に大量のモナコインを仕込んでいたとしたら浅めでも利確に走るかも。
でも、もっと上で売りたいと思うんですよねー。

つまり、誰も売り崩しにメリットがない中で、【適正価格は2,000円】というコンセンサスが生まれる
悪くないと思いませんか?w

いや、流石に自分がコンセンサスを植え付けるような影響力は持っていませんので、そうなればいいなーという単なる願望です。
言いたいのは、「売り崩しにメリットある人多分いないよ」ってだけ。

本当に【2,000円】になって困る人が誰もいないのはもちろん、そこまでの過程で利益のために売りまくる人がいないってのが重要な要素です。

参加者全員が「モナは2,000円以上じゃないと売れないよ」と思えば、普通に今この瞬間から2,000円超えますけどね。

株だと上記の通り机上の空論になっちゃうし、ビットコインでもこれはできません。
利益のためにめちゃくちゃマイニングしている層がいるので、そこまで極端に動いたら売り出して利確しまくるわけで。

モナにはそれがいないと思います。
なので、普通に2,000円が実現してしまうわけですね。

今後のモナコインの価格予測

以上を踏まえ、ここからようやく今後のモナのチャート予測です。長い!疲れた!

土日はこのままうだうだ様子見相場でしょう。
これを書いている最中にちょっと下がってきましたが、こんなのは単なるチキンの素人さんが売ってるだけで。
もちろんそれがきっかけで狼狽売りの連鎖が始まる場合もありますけどねー。

第二弾ロケットは月曜日の午前中にスタート
土日でモナの情報を整理して、「よし!買おう!祭りに乗ろう!今からでも乗らなきゃ損だ」と決心した人達が一斉に口座入金して買うからですね。

私は100円突き抜けスタートのタイミングは当てています。

入金の兼ね合い上、他の通貨でもそうなんですが、どうしても午前中に盛り上がるわけです。

私は最初この理論を信じていなかったんですが、9月15日のBTC大幅下落のとき、まさに入金後の時間帯から強い戻しが始まりました
「あー本当に日本人が入金して買ってるんだなー」と実感しましたよ。

それ以降にもこれを実感する場面は何度もありました。

なので、土日にこのまま価格を保つことができれば、月曜日午前中にいきなり1,000円の節目を突破すると思います
相場って、思っているより早く動くもんですよ。

あと、今回の相場が上値模索できるとしたら、1,000円は単なる通過点ですよ。
そんなところで止まるかいっていう。
2,000円くらいになってもおかしくないという人が増えれば、1,000円程度で売る人なんていなくなりますからねー。

その後の値動きですが、これはもう分かりません。

可能性としては、zaifトークンが1円を超えた瞬間のようなメチャクチャな値動きをすることもありうる。
数時間で2.5円、節目超えから2.5倍になりましたね。

モナコインで言えば1,000円超えて数時間で2,500円をつけるってことです。
流石に時価総額が違うので、あそこまでめちゃくちゃにはならないと思いますが。

じわじわーと上がっていくイメージは持たないほうがいいです。
そんな相場は存在しない。
波乱ありまくりだと思いますよ。

私としては、結果的に2,000円に収斂すればいいなーと思っています。
それまでの道筋は予測できないので、流れに身を任せます。

きちんと説明すると、私は当然2,000円までの過程で売っていくつもりです
私はモナコイン原理主義者ではないので、永久保有をするつもりは全くありません。

あくまでも値上がり益を狙った投資です。
言い換えると、私はチャート原理主義者です。

チャートは常に正しいと考えているので、チャートに従います。

ただ、全てを売ると今年の税金がメチャクチャなことになるので、できれば半分くらいは持ち越しをして、適性価格2,000円くらいで年を越せれば最高だというだけです。
そうなったらそりゃ最高ですよ。
完全に願望ですよ。

相場はオーバーシュートする

もう1点注意したいのは、

短期的に相場は行き過ぎる

ということです。
これは4月5月のリップルのチャートが分かりやすいですね。

8円を超えたあと50円まで急騰し、その後25円程度を境にうろついています。
つまり、リップルの適正価格、居心地の良い価格は現在は25円だったってことです。

何が言いたいかというと、短期的には適正価格、居心地のいい価格の倍くらいまでは勢いでいってしまうってことですね。

仮にモナコインの適正価格が2,000円だとすれば短期的に4,000円まで、3,000円だとすれば6,000円までは急騰してしまう可能性があるってことです。

一時的に6,000円まで吹っ飛んだら、今から買っても10倍超えますね。
流石に煽り過ぎなのは自分でも分かっていますw

でも、現実にこれが起きたとして、別に不思議ではないんですよ。
「あーそっちのパターンかー」ってだけ。

「なんで6,000円までいくの!頭おかしい!」と思うのは相場素人だけです。

大切なのは、今、何をすべきなのか

現時点で数日前を振り返り、

「80円で買えば良かった」
「200円で買えば良かった」

と思っている、嘆いている人はたくさんいると思います。
でも、過去の反省は相場が終わってからすればいいんです。

気づいてますか?
ここ、今も戦場の真っ只中ですよ?

今どうすべきなのか、真剣に死に物狂いで考えるべきなんです。
あの時80円でどうしたら買えたのか以上に、今、500円で買うべきなのかどうかを必死に考えましょう

じゃないと3日後には、

「なんで500円で買っておかなかったんだろう?」

っていう同じ自分が待っているだけですよ。

私はあのとき必死で考えまくって決断して、1,000万をぶっこむことにしたんです。
想像してください。何となく1,000万突っ込むことなんてないですからw

色々調べて真剣に考えて買わないという結論に至った。
それならいいんです。

それで上にいってしまったら納得するだろうし、失敗を糧にできます。

ダメなのは、「あのとき買えば良かったー」なんて言って、あの時は今の連続だってことに気づかないことです。
相場なんて常に「今」が大切なんですよ。
あのときなんてどうだっていい。

これはどうしても買い煽りに見えると思うんです。
どうしたってポジトークになっちゃいますからね。

ただ、都度自分でしっかり考えて、自分で納得のいく判断をしてくださいってことです。
買うにしても売るにしてもスルーするにしても、未来の自分が納得できる判断をしましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

いざ仮想通貨投資!初心者が考えるべき基本戦略、やり方、リスクを解説

仮想通貨投資がバブっていますね 私は今までに様々な投資、ギャンブルに挑戦してきました。 その

記事を読む

50万円の元手でビットコインで稼ぎたいならビットコインFXをやるべき

ビットコインFXのメリットや戦い方を解説 こんにちは。ビットコイン軍師です。 みなさんは

記事を読む

モナコイン1,000万円分買ったの私だ。仮想通貨投資ブログを始めます

仮想通貨日記を書いてみる ビットコインFXで100万円→1000万円 からの その

記事を読む

ビットコインFXのレバレッジ戦略はタイミング次第で完全放置可能

ビットコインFXが怖いのは幻想なのか? 私の周りでも仮想通貨を触る人がかなり増えてきました。

記事を読む

ビットコインキャッシュ(BCH、BCC)を2,000万円弱購入した理由

モナコインに続き二度目の大きめ勝負 表題の通り、ビットコインキャッシュ(BCH、BCC)をたく

記事を読む

ビットコインFXの売りで入るタイミングと、モナコインのチャート

結構激しめの相場が続いています 今日はなかなか厳しい相場展開でしたねー。 →結局寝るまでにこ

記事を読む

仮想通貨投資の税金対策、節税。一番現実的で効果の高い方法を解説

税金系の記事を書くのはちょっと怖い 最初に書いておきますが、税金のことについて書くのは難しいで

記事を読む

ビットコインFXで100万円→1000万円を達成。稼ぐ方法、やり方を具体的に解説【追記あり】

BTCFXは正直まだまだ甘い 2017年前半の仮想通貨の急騰を見て、仮想通貨投資を始めた人は多

記事を読む

ビットコイン投資の可能性。大学生が40歳サラリーマンの貯蓄額を上回る?

ビットコイン投資はヒエラルキーを逆転させるのか 私は仮想通貨投資、ビットコイン投資に関して、2

記事を読む

預かり資産No.1

web軍師

名古屋在住の30代。法人三期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

「薄毛の髪型◯選!」みたいな記事にハゲとして物申したい

「薄毛の髪型30選」だって???? まず最初に一言。 書い

有給取れない。休日出勤当たり前。残業地獄から抜け出して大逆転した話

ブラック企業で消耗していた日々 今から4年前、私は典型的なブラッ

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

仮想通貨投資の税金対策、節税。一番現実的で効果の高い方法を解説

税金系の記事を書くのはちょっと怖い 最初に書いておきますが、税金

ITPはアフィリエイトのCVにどれくらい影響があるのか調べてみた

ITPの影響について、データから調べてみる アフィリエイト界隈で

ビットコインFXのレバレッジ戦略はタイミング次第で完全放置可能

ビットコインFXが怖いのは幻想なのか? 私の周りでも仮想通貨を触

ビットコインFXで100万円→1000万円を達成。稼ぐ方法、やり方を具体的に解説【追記あり】

BTCFXは正直まだまだ甘い 2017年前半の仮想通貨の急騰を見

ビットコインキャッシュ(BCH、BCC)を2,000万円弱購入した理由

モナコインに続き二度目の大きめ勝負 表題の通り、ビットコインキャ

転職の面接で落ちる理由と7つの対策!採用担当者の本音

転職の面接にはコツがある? 現在私は法人の代表ですが、独立する前

AGAスキンクリニックの口コミや評判を探すよりもこの写真を見てくれ!

ハゲ情報の正しい取捨選択、できていますか? 薄毛治療、ハゲ治療界

→もっと見る

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
PAGE TOP ↑