選挙で若者の投票率が低い真の理由

公開日: 政治・経済・世の中

touhyouritu
引用:公益財団法人 明るい選挙推進協会
http://www.akaruisenkyo.or.jp/

若者の投票率を問題視する前に

選挙が行われるたびに毎度のように、20代の投票率が低いことに対する様々な意見が飛び交います。

ただ、20代の投票率が年代別で見た場合に一番低いのは、構造上当然なんです。
問題視をする前に、まずはその当たり前を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

私の場合

例えば私は大学生の頃は基本的に選挙に行きませんでした。
興味がなかったですし、近所の保育園に一人で行くのも嫌でしたね。

20代半ばを過ぎて、世の中の仕組みに興味が出て、色々な知識を得るうちに自然と行くようになりました。
それでも、地方選なんかはめんどくさい場合には行かなかったですけどね。

20代後半で結婚をして、選挙に嫁さんと一緒に行くようになりました。
これは意外と大きいです。
一人では行動しづらくても、誰かがいると行動に移しやすいということがありますよね。

選挙に行き始めるタイミングは人それぞれ

私の場合はたまたま20代半ばでしたが、社会に興味を持ったり、結婚したりするタイミングは人それぞれ違いますので、30歳で行き始める人もいますし、40歳で行き始める人もいます。
20歳の時点から行く意識の高い人もいますよね。

一度投票する習慣ができると、その後も行く確率が高いです。
途中から行かなくなる人の数よりも、何かのきっかけで行き始める人の数のほうが上回ることになります。

常に行ったことがない人が補充される20代

そして、注目すべきは20代には選挙のたびに「今まで選挙に行ったことがない人」が一定数補充されるということです。
行き始めた20代の一部は、次の選挙時には30代になっているわけですね。

これは考えてみれば当たり前で、上記の条件でシミュレーションしてみれば、大体実際の年代別投票率に近くなると思います。
若者が政治に関心が薄いことは確かに問題かもしれませんし、どうやって関心を持たせるか考えることも必要です。
ただ、あの年代別投票率をそのまま受け止めて、「やっぱり若者は政治に関心がない」なんて印象論で問題視するのは若干情弱気味だと感じてしまうんですがどうでしょうか。

若者の投票率が低い理由

20代の投票率が一番低いのは、若者が政治に無関心なこととは無関係で、「途中から選挙に行かなくなる人の数よりも行き始める人の数のほうが上回る」という公理が成り立つ限りは、当たり前の事象なんです。
どんなに若者が政治に関心を持ったとしても、全世代が同程度の投票率になるなんて可能性は非常に低いです。
全体の投票率が9割を超えるとか、そういうレベルでないと同程度にはならないでしょうねー。

とにかく投票することが重要

20代の皆さん、これを読んで選挙に行かなくてもいいやーなんて思わないでくださいね。
選挙というのは誰に投票するかも重要ですが、それ以上に投票すること自体が重要なんです。
このことだけは必ず覚えておいてください。
これはモラルとかそういう話ではありません。

「どうせ誰に投票しても一緒だしー」は別にいいんです。
とにかく投票率が重要なんですね。
上記の通り構造上ただでさえ20代の投票率は低くなりますので、更に低くなりますと政府が20代を無視した政策を通します。
現実としてそのような傾向はよく見られます。

政治家の立場に立ってみれば当たり前の話で、投票率の高い世代に媚びた政策を通したほうが次の選挙でも投票してもらえる確率は高まります。
ネット投票が導入されないのも、20代の読めない票は邪魔だから与党としては寝かせておきたいんです。

あなたもマインドコントロールされているかも

自分の意志で投票に行っていないつもりが、実は結構情報操作されているんですね。
「どうせ誰に投票しても一緒だしー」とか「選挙活動はネットを使えばいいのに未だに選挙カーに乗って手を振ってて馬鹿みたい」とか、これが意図的な情報操作だとしたらどうでしょうか?
なんだかムカついてきませんか?

とにかく選挙に行こう

ムカついたなら次の選挙は連れを誘って必ず行きましょう。
何度も書きますが、別に誰に投票してもいいんです。
投票したという結果が必要です。

白票は投票率に含まれない可能性がありますので、誰でもいいから投票してみましょう。
まずは投票して、当選したその人がおかしな政策を打ち出したりすると、次は反省して慎重に吟味したりするものです。
いきなり「興味を持て!」は無理なので、まずはフィーリングでもいいので投票しましょう。


スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

奨学金が返済できない!若者の返済滞納は甘え?経験者が語ってみる

若年層の奨学金返済滞納者が増えている 昨今、奨学金の月々の返済ができず、滞納してブラックリスト

記事を読む

学歴は人生に必要なの?関係ない?学歴と仕事力の関係を解説

学歴がいいと今の時代でも得をするの? 今更ですが、学歴と仕事の相関関係について書いてみます。

記事を読む

尖閣諸島の石油、原油はサウジ並、消費税問題も解決

尖閣諸島問題の真実とは!? 誰もが一度は聞いたことがある尖閣諸島問題。 ニュースで度々耳にす

記事を読む

仕事が出来そうなのに意外とできない人の5つの特徴

仕事が出来そうなのに意外とできない人と言われてドキッとした人は手を挙げて みなさん、今日も仕事

記事を読む

アウトプットを高めるための、インプットの基礎5つ

アウトプットの質、高くしたいですよね 人生の豊かさというものは、アウトプットの質によって左右さ

記事を読む

2013年日本人長者番付、1位~10位を振り返る

2013年の長者番付を振り返ってみる 確定申告の季節です みなさん、既に確定申告は済ませてい

記事を読む

ギャンブル依存症を解決する!治療に必要なのは家族の理解

ギャンブルで勝ち越している私から見る「ギャンブル依存症」問題 私はこれまでにあらゆるギャンブル

記事を読む

2014年日本人長者番付、1位は誰?孫さんは?柳井さんは?

2014年の日本人長者番付が発表されました 2014年版の長者番付がフォーブス誌より発表されま

記事を読む

移民政策問題、受け入れ反対の声、メリット、デメリット

何のための移民政策なのか? 突然ですが、あなたは移民政策について賛成でしょうか?反対でしょうか

記事を読む

男女間に友情は成立するのか!?恋愛との違いは?

男女の友情という思春期普遍のテーマ こんにちは。web軍師です。 いきなり青臭い記事タイトル

記事を読む

Comment

  1. axc より:

    その理論は少し奇妙だ。

    例えば車を運転する人の割合や、お酒を飲む人の割合なら、20代が最少で世代が上がるごとに増えていくのは感覚的に分かる。

    でも選挙に行った事がない人が次の選挙から行き始める確率が、前は選挙に行っていた人が次からはいかなくなる確率より、高いと断言できる根拠はなんだろう?

    実際にイタリア、ベルギー、オーストラリアなどの国では若者の方が高齢者より投票率が高いし、ブラジル、ドイツ、オランダ、スウェーデンなどの国では若者と高齢者の投票率は数パーセントしか変わらない。

  2. papapa0821 より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    おっしゃることはよく分かります。
    こういう文章は理論を積み重ねて結論を導き出すものですが、その最初の部分は「公理」なんですね。
    科学も数学もまずは「公理」があって、そこから積み上げられて理論体系が出来上がっているわけです。

    今回の文章の場合、結論部分に、

    「途中から選挙に行かなくなる人の数よりも行き始める人の数のほうが上回る」という公理が成り立つ限りは、当たり前の事象なんです。

    と書きましたが、この公理に違和感を感じる人がいるのは当然だと思います。
    多くの人が違和感を感じるのであれば、既に公理ではないんですけどね。

    私は、日本ではこの公理が成り立ってしまっていると考えています。

預かり資産No.1

web軍師

名古屋在住の30代。法人二期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

レジーナクリニックの口コミや評判を検索しても全く意味がない理由

レジーナクリニックの口コミや評判を調べる人が急増中 脱毛をしたい

50万円の元手でビットコインで稼ぎたいならビットコインFXをやるべき

ビットコインFXのメリットや戦い方を解説 こんにちは。ビットコイ

解体工事の見積もり費用を30%以上安くするたった一つの方法

解体工事の費用は極力安くしたいのは当然です 「家を壊すだけなのに

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

失敗しない転職!初めての転職に悩む人の質問17個に答えてみる

初めての転職の悩みは深い。失敗したくない 私は3回転職して、計4

有給取れない。休日出勤当たり前。残業地獄から抜け出して大逆転した話

ブラック企業で消耗していた日々 今から4年前、私は典型的なブラッ

高反発マットレスの選び方!肩が痛い私が色々試して選んだオススメは?

慢性的な体の痛みとどうやって向き合っていくか 30代、とくに35

失業保険を早くもらう方法。過去4回失業給付受給した実体験

失業給付はやることをやれば早くもらえてしまう 自慢じゃないですが

VIO脱毛まとめ!理想形、自己処理、おすすめサロン、男性目線

まだVIO脱毛で消耗してるの? VIOの処理、VIO脱毛すべきか

大企業に就職することの本当のメリット5つ、デメリット5つ

就職活動は人生の大きな分岐点 新卒の就職活動というのは、多くの人

→もっと見る

PAGE TOP ↑