毛深い女性の自己処理法。毛深い私の長年の悩みや解決方法を全部書く

公開日: 脱毛体験

毛深い女性は嫌いですか?毛深い私の悩みや解決方法を全部書く

「○○ちゃん、ヒゲ生えてる!!」

小学生の時、友人が私に向かって無邪気に言い放ったこの一言。

周りの子よりも一足早く、私の鼻の下に生い茂り始めたその産毛は、確かに唇の形に添って弧を描き、口元にささやかな影を作っていました。

「毛深い女」というだけで、学校という小さな社会に出た瞬間から大きなコンプレックスを抱えますよね。

たかが毛、されど毛。

どうして自分は、周囲の女性と同じ体毛量で生まれてこなかったのか?

なぜ自分だけ、いつ何時も体毛を気にして過ごさなければならないのか?

どうして自分の青春時代の思い出には、いつも体毛がいるのか?

そんな毛深い女の悩みは、まさにしぶとい体毛のごとく奥深く根差しているのではないでしょうか。

私も今までいろいろな場面で毛深いコンプレックスに悩み、それを解決すべく様々な自己処理、脱毛をしてきました。
カミソリや脱毛クリーム、毛が薄くなるローション、脱毛サロンでの光脱毛などを経て、ようやく「人並みの毛量」までたどり着きました。

しっかり効果を感じられた自己処理法からさっぱり効果が無かったものまで、色々ありました。

今回は毛深い女性が抱える悩みと、それに対してどう自己処理や脱毛をしてきたのか、私の経験を全部書きたいと思います。
時系列にとにかく全部書きます。

効果のない解決法」に振り回される人を一人でも減らしたいです。

スポンサーリンク

ガムテープ脱毛を試みるも抜けない。

あれは小学校3年生の初夏のこと。

半袖の季節になり、人生で初めて腕や脚の体毛を気にし始めた私は、なんとかしてこの漆黒の大軍を一気に撃破できないかと考えました。

そこで思いついたのが、ガムテープを皮膚に貼りつけ、勢いよく剥がす方法。

テープの粘着力に毛が引っ張られてうまく抜けてくれるのではないかと考えたのです。

早速親のいない時間帯を狙い、ガムテープを思い切りよく15cmほど引き出して、すね毛部隊のいる皮膚に貼り付け、一気に引き剥がしました。

どうだ…?!

と期待を込めて目を開くと、そこには相も変わらず黒々と生い茂るすね毛たちと、私の手に力なくぶら下がるガムテープがあるだけでした。

その後も何度か試しましたが、やはりガムテープの粘着力ごときに私の体毛はびくともしませんでした。

友達とのスキンシップに震え、ぼっちになる。

「…えっ??」

私の腕with K(毛)に触れた同級生の何かを察して固まる表情が今でも忘れられません。

小学生くらいだと、みんなで遊んでいてじゃれ合ったりすることもあると思います。
そんな時、不意に私の腕に触れた友人が、確かに私の体毛を感じ取ってしまったのです。

友人はたまたま大人しいタイプの子だったので、クラス中に私が毛深い女であると吹聴される…なんてことはありませんでした。
しかし、友人のあのポカンとした表情が脳裏に焼き付いて離れず、スキンシップ恐怖症を発症。

「もう私はオトナだからじゃれ合ってはしゃぐのは卒業したの」
とばかりにクールなふりをして、休み時間は机でずっと本を読んでいました。

当然、体毛は減らないのに友人は次々と減っていったのは想像に難くないと思います。

水泳の授業は大事なところの毛が出ないか心配でとうとう祈りだす。

小学校も高学年になると、腕毛・すね毛に加えて大事なところのヘアーも目立ってきました。

普段は誰かに見られるわけではないので気にならないのですが、問題は水泳の授業
学校指定のいわゆるスクール水着を着用すると、大事なところの毛がはみ出てしまわないか心配になりすぎて、常に局部をチラ見し確認していました。

しかし、大事なところの毛ってやや太いじゃないですか。
そう、奴らは水着の横から会釈するだけでなく、水着の生地の網目をすり抜けて登場

恐ろしいほどに自己主張してくるんですよね。

でも場所が場所なので、人前で直すわけにもいきません。
ではどうしたのかというと、水着を着る時に毛を撫でつけるのと、あとはただただ祈ることで対処しました。

水着に着替える時って、お着替え用のラップ状のタオルを使いますよね。
あの中で、毛をひたすら撫でつけてから水着を着ていました。

怪しまれないようにひっそりと、でも確実に。
毛が水着の布に逆らうことのないよう必死でした。

お着替えタオルの中でこのような闘争が繰り広げられているなんて、一体誰が想像したでしょうか。

そして、大事なヘアーに関してこれ以上できることはないと思った私は、ついに祈り始めました。
水着に着替え終わってプールまで歩いていく間、私は自らが崇め奉る毛神に「今日も出ないようにお願いします。」と心の中で祈りながら歩みを進めていました。

感覚としては、子供が腹痛のとき神様に謝罪したり祈祷したりするのと同じだと思います。

毛が全く日の目を見なかった時には、プールから教室までの帰り道を神への感謝に捧げ、一方で少しでもコンニチハしてしまった時には、神を呪うことさえありました。
毛の撫でつけも神に祈ることも効果のほどはイマイチでしたが、当時の私は藁にも縋る思いで行っていました。

脇毛が気になってクロールは息継ぎしない。背泳ぎは泳げないふり。

水着を着るため、必然的に露出度が高くなってしまう水泳の授業。

その悩みは尽きません。

ということで、もう一つ水泳ネタ。

スクール水着を着るとなると気になるのは脇毛

陸上ではひたすら脇を締め続けることで対処していましたが、みんなが観ている前で泳がなくてはならないことがあって、まさに地獄の時間でした。

特に問題なのはクロールと背泳ぎ

どちらも脇をオープンにしなければ泳ぐことができません。
バタフライも危険といえば危険ですが、水がかなり飛ぶという理由で小学校のプールでは禁止されていました。

なんという不幸中の幸いでしょう。

さて問題のクロールと背泳ぎに関して、なんとかして己の脇毛を隠さなければならないと考えた挙句、2つの対処法を思いつきました。

まずクロールに関しては、極力息継ぎをしないで泳ぎきることで解決。
相当息が苦しいことが何度もありましたが、脇毛が皆にばれることを考えたらなんてことはありません。

そして背泳ぎに関しては、恐怖心で泳げなくなってしまったという言い訳を先生にし、そもそも泳がないことで解決。

「前に背泳ぎをしていた時、誤ってプールの壁に頭を強打し、それから怖くて背泳ぎができなくなってしまった」みたいなことを適当に言いました。
先生も、小学生ならそんなこともあるかもしれない、と苦し紛れの言い訳を受け入れてくれました。

このようにして私は、脇毛が生えているという大きな秘密を守りきることに成功したのです。

母の顔用「I字カミソリ」を勝手に拝借して剃るも時間がかかりすぎる。

小学生にして「毛深い女」というコンプレックスを抱えた私は、それに耐えかねてとうとう自己処理を始めました。

使用したのは母親の顔そり用I字カミソリ

母親が洗面台で顔の産毛を処理しているのを見ていたので、なんとなく「あの道具を使えば毛をなんとかできるんだ」と子供ながらに理解していました。

しかし私の母親は、
「小学生が化粧やネイルをするのはありえない。もっとお姉さんになってから!」
というタイプだったので、小学生の身だしなみレベルをはるかに凌駕するであろう体毛の自己処理は、とても許可が下りないと思いました。

そこで仕方なしに、顔の産毛処理を終えた母を追い、さりげなくカミソリの収納場所を確認。

母には無断でカミソリを拝借し、とうとう剃毛デビューを果たしました。

私が記念すべき剃毛デビューの場所に選んだのは浴室です。
ここなら自己処理しているのを誰かに見られることもないし、カミソリを滑らせるためのボディーソープもあります。

また剃った毛が散らばることもなく、処理後はシャワーで憎き体毛とともにコンプレックスまでも水に流せるという、まさに剃毛デビューのためにあるのではないかと思うような場所でした。

早速ボディーソープを泡立て、顔用のカミソリを腕に当てて剃ってみました。

みるみる剃り落とされていく体毛。
これまで散々悩まされてきた忌まわしい毛たちが、あっさりと皮膚から剃り取られ、ボディーソープの白い泡の中に飲み込まれていくではありませんか。

しかしこの方法には残念な点がありました。

それは、自己処理に時間がかかりすぎること。

顔用のI字カミソリはあくまでも顔の産毛を剃るためのものです。
産毛と比べて太い体毛、且つ皮膚面積も広いため、かなり時間がかかってしまいました。

そうなると必然的に入浴時間が長くなり、「一体入浴中に何をしているのか」と却って家族に怪しまれることになりました。
そういう訳で、I字カミソリでの自己処理は3回ほどでやらなくなりました。

脱毛クリームを親公認で使用も仕上がりがイマイチ。すぐに生えてきて意味なし。

さて毛深い女も中学生になり、思春期を迎え、体毛の濃さもコンプレックスも以前とは比べ物にならないほど増大していきました。
とうとう耐えきれなくなった私は、毛の悩みを母親に相談。

「テレビCMで見るような4枚刃のT字カミソリが欲しい」
と懇願しました。

しかし母は、体毛の悩みについては一定の理解を示してくれたものの、
子供の頃からカミソリで皮膚を傷つけるのはよくない
とカミソリの購入は許可されず。

ただあまりにも悩んでいることが伝わったのか、代わりに脱毛クリームを使用してみてはどうかと提案してくれました。

こうしてとある脱毛クリームを親公認で購入。
思わぬ脱毛グッズの登場にわくわくしながら使用してみました。

脱毛クリームはチューブ状の容器に入っていて、それを腕と脚にたっぷり塗布。
クリームのやや癖強めな匂いが浴室中に充満するのに耐えながら、我が体毛の行く末を見守っていました。

数分後、クリームの中に閉じ込められた体毛を見ると、いつのまにかうねうねと縮れているではありませんか。

なるほど、こうやって毛を弱らせて処理するのだな…脱毛クリーム、おぬしやりおるなぁ、と脱毛クリームの凄まじい威力に期待しながら、付属のスポンジでクリームを拭き取る作業に入りました。

すると脱毛クリームの餌食になった体毛たちは、おもしろいくらいにブチブチと切れていきました。

これはいけるのでは?!と一瞬期待したのも束の間。

理想は毛の根元から切れてほしいのですが、思いのほか根元を残し中間から切断されていく体毛たち。

結局、ところどころ毛が間引かれ、中途半端に切断された毛と完全にまるまる残っている毛とが混在する、何とも言えない仕上がりになりました。

根元から綺麗に切れていった毛もすぐに生えてきてしまいますし、脱毛クリームもそれなりに皮膚へのダメージがあるので、週に一度くらいしか使用できません。

このように仕上がりも中途半端で、またすぐに生えてきてしまうため、脱毛クリームによる自己処理は私の体毛にはあまり意味がありませんでした。

体毛が薄くなる化粧水を滝のように浴びるも効果なし。

親が購入してくれた脱毛クリームを使用したものの、あまり意味がなかった私の体毛。
そのことを母に伝えると、今度は体毛が薄くなるという身体用の化粧水を買ってきてくれました。

正直、中学生の私でも、「いやいや効果どうなの。そんなので体毛が薄くなるんだったら苦労しないよ」と思うくらい期待値低めな商品

中学生の娘にカミソリデビューをさせたくない母なりの手立てだったのでしょう。
あまり期待はしていないにせよ、少しでもコンプレックスを解消できるのであればなんでも挑戦したかったので、使用してみることにしました。

化粧水の容器の裏には特に使用量などの記載はなかったので、とりあえずお風呂上りに適当に塗布。

1週間ほど続けましたがなんだか物足りなくて、2週目からは化粧水を全身にドバドバとかけまくって浴びるように使用しました。
脱衣所で、毛よ薄くなれ!!薄くなれ!!と唱えながら全身に化粧水を浴びる娘を、禿頭の父は一体どんな気持ちで見守っていたことでしょう。

化粧水はたしか500mlくらいの大容量だったのですが、3週間ほどであっという間に使い切るも効果は感じられず。

もっと長期間試さないといけないのかと思い、2本目も購入しましたが、それを使いきっても特に我が体毛に変化はありませんでした。

見知らぬ女性から指毛を指摘されてショックを受ける。

あれは中学2年生の私が、駅のトイレを待つ列に並んでいた時のこと。
習い事を終えた帰り道で、携帯を見たりしながら列が進むのを待っていました。

すると突然、後ろに並んでいたお姉さん二人組からこんな言葉が飛んできました。

「えっ、あの子めっちゃ指毛生えてる…」

私は心臓を力任せに上へギュインと持ち上げられ、体中から汗がにじみ出るような感覚を覚えました。

というのも、たまたま私の手はお姉さん方から見えるであろう位置にあり、そしてその指にはしっかりと指毛が生えていたのです。
たまたま処理が追いつかず、放置されていたその指毛は、使い古した歯ブラシかな?というレベルで私の指に顕在していました。

私は自分のことを言われているのだと思って、恥ずかしくてたまらなくなりました。

穴があったら入りたい、私は人一倍毛穴があるというのに、その穴はただ憎き毛を生やすだけで、私を入れてくれるどころか社会的に殺そうとしている…!

そんなことを思いながら、着ていたパーカーのポケットに手を突っ込んだまま家まで帰りました。

親公認でカミソリを購入。カミソリ負けに悩んで自己処理頻度を3日に1度に減らし、制服のブラウスの半袖と長袖を使い分けて対処。

毛深い女もとうとう高校生。
相変わらず体毛は飛ぶ鳥を落とす勢いで、コンプレックスも抱えたままでしたが、ここで一縷の望みが生まれました。

それは、母親からカミソリの使用許可が下りたこと。

母と一緒にドラックストアに行き、どれにしようかな~と誕生日のプレゼントを選ぶかのようにT字カミソリを吟味したのを昨日のことのように覚えています。

憧れの4枚刃が手に入った瞬間は、まさに天にも昇る気持ち。

早く剃ってみたくて、早速その夜から浴室で使用してみることにしました。

ボディーソープを泡立て、腕に塗って、4枚刃様を滑らせると、モーセが海を割るがごとく体毛のないツルツルの道がそこに誕生しているではありませんか…!!
これぞ私が求めていた理想形、ツルツルのすべすべ。

まるで自分の手脚ではないみたい…!!

毛を奥深くまで剃ってくれる4枚刃はまさに救世主のような存在だと思いました。

しかし、そんな4枚刃のT字カミソリにも難点があることに気づいたのは、T字カミソリを常用するようになって半年ほど経った頃。
とにかく毛の生えるスピードが早い私は、時には何日か連続で処理をすることもありました。

すると皮膚が常に乾燥したような状態になり、ヒリヒリして、ところどころ赤みも出てきてしまいました。

そう、いわゆるカミソリ負けしてしまったのです。

予想以上にカミソリは皮膚を傷つけているのだと実感し、これまでカミソリの使用を許可してくれなかった母の優しさを今更になって知りました。

仕方なくT字カミソリの使用は多くても3日に1回に減らしました。

これでも多いかもしれませんが、2日目にはもうジョリジョリ、4日目になると明らかに毛の存在を確認できるほどになってしまうので、これ以上減らすことはなかなか難しかったです。

特に夏場はつらくて、処理翌日は制服のブラウスの半袖を着用できましたが、2日目以降は長袖しか着られませんでした。

このように、カミソリ負けにならないよう程よく自己処理しつつ、半袖と長袖を使い分けることでなんとか乗り切っていました。

眉毛が濃く太く、左右の眉が繋がるため、校則のギリギリを攻めて自己処理&全体的に間引く。

毛深い女たるもの、立派な太い眉毛を持っているのは当然のこと。
高校生ともなれば、ある程度眉毛を整えますよね。

私が通っていた高校では「眉は上下にはみ出た毛を軽く整える程度ならOK」というのが校則としてありました。

しかし私の眉毛はマッキーの極太字で線を引いたような濃さと太さで、おまけに放置すると左右の眉がいつの間にか繋がっていました。
わかりやすく言うと、目の上に1匹のカモメを飼育しているような状態。

そう、校則に則って軽く整える程度では、毛深い女であることを静かに暴露してしまうのです。

そこで私は校則通りの自己処理をしたあと、眉間の毛も剃り、そして自然に眉毛を間引くことを始めました。
体毛の成長速度の速さは、眉毛に関しても例外ではありません。

剃ったくらいではすぐに生えてきてしまうため、毛抜きを使って処理をしていました。

まずは眉間の毛を抜きます。
ここの毛は上に向かって生えているので、毛抜きを上に引き抜くようにして抜毛。

そして次が重要な毛の間引き。
とにかく隙間もないほど毛がびっしりと生えているので、バランスを見ながら程よく抜いていき、主張の強すぎる眉毛を常人レベルへと近づけます。

毛抜きで一度に何本もの毛を掴んでしまうとかなり痛いので、必ず一本だけを掴むように確認しながら間引き作業をしていました。

こうして眉毛に関しては、校則を破ることもなく、毛深い女であることがバレることもなく、うまくバランスをとることができました。

母親の古い電動脱毛器(ソイエ)を使おうとするも、ネットで痛いと評判でビビり、意を決してトライするも機械音が怖すぎて断念。

毛深いJKの体毛処理はT字カミソリが主流となっていましたが、剃るだけだと処理の頻度が多くなるため、肌荒れと面倒くささが悩みの種でした。

そんなある日、母は私にこう言いました。

「お母さんのソイエあるけど使ってもいいよ。ちょっと古いやつだけど。」

ソイエとは、電動の脱毛器のこと。
電気シェーバーのような形をしているのですが、要は毛を自動で引っこ抜く機械です。

私はかなりのビビりでチキン、略してビビチキなので、毛をブチブチ引っこ抜かれるなんて怖すぎてなかなか使うことができませんでした。
しかし、剃っても剃っても生えてくる体毛に嫌気がさして、一度だけ使ってみようと思い立ちました。

まずは下調べがてら、ネットでソイエの痛みについて検索してみることに。

めちゃくちゃ痛い、そこまで痛くない、全然痛くない、などなど様々な意見がある中で、一つ気になった意見がありました。
それは、昔のソイエと比べたら最近のソイエは格段に痛くなくなっている、というもの。

母のソイエは、彼女の言う「ちょっと古い」をはるかに逸脱するレベルでなかなかに年季が入っていました。
これは絶対に痛い、もしかすると人並みの毛量ならさほど痛くはないのかもしれないが、私の毛深さでは確実に痛みを伴うことは間違いない。

やる?それとも、やめる?

いいのか?このまま面倒な体毛の処理を続けるのか?

抜いてしまえばいくら毛深くても処理の頻度は確実に減らせるぞ?

痛みへの恐怖と体毛処理の厄介さが天秤にかけられ、激しく揺れ動きました。
しばらく悩んでいたのですが、やってみないことにはわからないと思い、恐る恐るソイエに挑戦してみることにしました。

母のソイエを借り、説明書をよく読んでから、いざスイッチオン。

シャーーーーーー

機械音が鳴り響き、ヘッド部分の中では金属部品がうごめいています。

わずか5秒ほどの間でした。
私が無言でソイエの電源を切り、元通りに袋にしまうまでに要した時間は。

あの機械的なサウンドと金属の部品に毛が巻き込まれていくと思うととても怖くて、結局一度も使用できませんでした。

脱毛の申し込みに親の許可がいらない二十歳になった瞬間、脱毛サロンで全身脱毛を申し込む。8回通ってようやく人並みの毛量に。

人は二十歳という人生の節目を迎えた時、一体何を思うのでしょうか。

成人としての自覚、育ててくれた両親への感謝、将来の展望に思いを馳せ、青雲の志に満ちているのではないでしょうか。

一方、毛深い女はこう思いました。

「親の許可なしで脱毛が申し込めるぞ!!!!」

ずっとやりたかった脱毛サロンでの脱毛。

しかし20歳になるまでは親の許可がないと申し込めないため、これまでやりたくてもできない状況にありました。
待ちに待った「大人」になった私は、銀座カラーの門を叩きました。

銀座カラー公式サイト:
https://ginza-calla.jp/

カウンセリングを受けた末、契約したのは
もちろん全身脱毛。

顔からVIOを含むつま先まで脱毛できるコースに、学割を利用して申し込みました。

これでとうとうコンプレックス解消か…?!とルンルンで通い始めたのですが、施術3回目の段階ではほとんど変化が見られず。
6回ほど通って、太い毛がやや細くなったかな?という感じ。

現在8回通いましたが、脇毛などはだいぶ減り、腕や脚の毛も少し間引かれた感じ。

産毛に関してはとくに変化が感じられません。

つまり、毛深い女が8回脱毛に通うと、ようやく常人レベルになるのだということがわかりました。

体毛のポテンシャルが過ぎるのでまだまだ時間はかかりそうですが、確かに効果は感じているので、これからも地道に通っていきたいと思っています。

まとめ

最後にここまで紹介した解決法についてまとめます。

  • 顔用I字カミソリ…産毛用なので体毛の処理には時間がかかりすぎる。
  • 脱毛クリーム…すぐに生えてくるので皮膚への負担が大きくなる。
  • 脱毛化粧水…全く効果なし。
  • 身体用T字カミソリ…手軽だけど処理頻度が増えるとカミソリ負けがつらい。
  • ソイエ…毛を引っこ抜く機械なので、怖すぎて断念。
  • 脱毛サロン…8回通いようやく人並みの毛量になった。

長々と書いてしまいましたが、こんなものは毛深い女のコンプレックス史のほんの一部に過ぎません。

毛深い同志たちも、きっと毛穴の数よりも多くそして深い悩みを抱えてきたことでしょう。

そのような毛深い悩みを抱える人が、少しでもその毛深さを煙に巻き、やがて正しい解決法へ辿り着けることを願います。

私が行っている銀座カラーではカウンセリングが無料なので、まずは相談だけでもしてみるのをおすすめします。

銀座カラー公式サイトを見てみる

毛深いコンプレックスそのものから解放されることを、同じく毛深い女として祈っております。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

毛深い女が銀座カラーの全身脱毛に8回通った状況、効果をありのままに書く

毛深い女が銀座カラーの全身脱毛に8回通った状況、効果をありのままに書く

銀座カラーに通っている私のリアルな状況と効果 全身脱毛。 それは毛深い女にとって、人生におけ

記事を読む

VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に

VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に

剛毛ならVIOは回数無制限でしっかり脱毛 毛深い女のVIO。 そのアルファベットは単に毛が生

記事を読む

すね毛が剛毛な女が断言!脱毛クリームではなく素直に脱毛に通うべき

すね毛が剛毛な女が断言!脱毛クリームではなく素直に脱毛に通うべき

剛毛なすね毛って本当に手強いんです 毛深い女は今でも忘れません。 私の未処理すね毛を見た

記事を読む

サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く

サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く

毛深い私が光脱毛を5回行った結果は? わたくし、毛深い女はほくそ笑んでいました。 という

記事を読む

大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話

大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話

大学生のわたしが銀座カラーを選んだ理由 大学生、それは「人生の夏休み」とも形容される華々しい期

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説
リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

リクルートエージェントで登録・面談を受けて転職が決まった私の体験談

脇毛自己処理男は女子から見ると最悪。その理由を聞いて医療脱毛した僕の実体験
脇毛自己処理男は女子から見ると最悪。その理由を聞いて医療脱毛した僕の実体験

男の脇毛処理は剃るべからず あれは悲劇でした... まだ学

底辺介護士が年収を220万→600万へと激増させた転職・副業法を大公開
底辺介護士が年収を220万→600万へと激増させた転職・副業法を大公開

介護士の年収の限界はいくらなんでしょうか? 介護の現場はめちゃく

サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く
サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く

毛深い私が光脱毛を5回行った結果は? わたくし、毛深い女はほくそ

大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話
大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話

大学生のわたしが銀座カラーを選んだ理由 大学生、それは「人生の夏

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く
「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

仕事に飽きていませんか? 毎日毎日やりたくもない、興味も湧かない

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法
まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

看護師になったこと、一度は後悔したことあるのではないでしょうか

失業保険を早くもらう方法。過去4回失業給付受給した実体験

失業給付はやることをやれば早くもらえてしまう 自慢じゃないですが

ヒゲにエステ脱毛は効果なし!医療脱毛でツルツルにした僕が理由を全解説
ヒゲにエステ脱毛は効果なし!医療脱毛でツルツルにした僕が理由を全解説

ヒゲ脱毛で本当の効果があるのは医療脱毛 これからヒゲ脱毛をやって

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑