「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

公開日: 転職・就職・キャリア

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

仕事に飽きていませんか?

毎日毎日やりたくもない、興味も湧かない仕事を繰り返している。
お金のためと割り切ろうとしても、変化がない退屈な日々にウンザリしていませんか?

わたしも仕事に飽きてしまって、こんなつまらない仕事をあと何年続けるんだろうと思っていたころがありました。
仕事が退屈すぎて全く集中できず、時間を潰すためにお手洗いでメイク直しをしながら溜息ばかりついていました。

正直言うと、産休や育休などの制度が整っている安定した会社を辞めるのが怖かったんです。
「飽きた」くらいで、この安定を手放しちゃダメかなーって。

でも思い切って転職した今から振り返れば、悩んでいた時期って本当に無駄でした。

世の中は思ったより甘かった。

中小企業から大企業に転職したので、関わるプロジェクトの規模が比較にならないくらい大きくなり、起きるトラブルの数や種類も増えました(笑)。

おかげで新しい課題に取り組む機会も多くなり、仕事に飽きることがなくなりました。

以前の仕事なら知り合う機会もなかった人たちに出会えて、人脈も広がったし、年収も60万円上がりました。
さらに言うと大企業なので福利厚生の充実っぷりがすごく、実際自由になるお金はもっと増えました。

安定しているけど退屈な毎日を送っていたわたしですが、少しだけ勇気を出して転職に踏み切ることで、人生のステージを一段上げることができました。

仕事に飽きてモヤモヤしている人に、行動したら人生変わるよ!ってことが伝わればと思い、わたしが転職に至った経緯や考えたことをまとめておきます。

スポンサーリンク

私が仕事に飽きた理由

ある程度能力がある人なら、同じ仕事を5年もやったら飽きます。

なぜなら5年やったら1万時間の法則を満たしてしまうからです。
誰でも1万時間費やせば、その分野のエキスパートになれるという経験則ですね。

1年のうち営業日が約250日で1日8時間働いたとして、1年で労働時間が2,000時間。5年で10,000時間。
エキスパートの出来上がりです。

エキスパートになったころには、自分の担当業務が「目をつぶってもできる」レベルになっています。
これは良いことなのですが、一方で人間は飽きる生き物です。

わたしも同じ仕事を5年間やったころには、ルーチンワークで頭がおかしくなりそうなくらい退屈していました。

安定を手放すのが怖くて転職に踏み切れない日々

そんなにも仕事に飽きていたのに、わたしは転職に踏み切ることができませんでした。
なぜなら当時の職場は人間関係が良く、仕事はつまらないけど毎日定時で帰れていたし、お給料も生活に困らないくらいは頂けていたからです。

今よりいい条件の仕事はないだろうと思い込んでいました。

それに加えて、自分のスキルが転職市場で評価されるか不安でした。
安定した会社で同じ仕事をずっとやっていたせいで、会社の外で自分がどう評価されるか、まったく分からなかったんです。

転職を本気で考えだしたきっかけ

「このままでいいのかなぁ」

とモヤモヤした気持ちを抱えながら、会社と家の往復を繰り返す毎日を送っていました。
時間はあっという間に過ぎていき、年度末の人事評価の時期になりました。

当時の会社では、上司の評価に先だって、自分で自分の業績を評価する制度になっていました。
「今年こんなに頑張りましたよ~」とアピールする場ですね。

わたしは記入し終わった自己評価シートを眺めてうんざりしました。
去年と同じ評価項目、去年と同じ業務内容、去年と同じ評価結果。

つまりわたしは「去年から全く成長していない」と自分で認めている状態だったのです。

もしこのまま既に飽きた仕事をやり続けたら、自分の人生はどうなるんだろう。。。
そんな疑問が私の頭にわいてきました。

ふと視線を上げると、斜め向かいに座っている上司たちの姿が目に入りました。
マネジメントが出来ないマネージャー、上司にへつらうしかスキルがない課長、思いつきだけで部下を振り回す部長。

こうなるんだ。
こういう無能な人間になっちゃうんだ。

それに気づいた瞬間、背筋が凍る思いがしました。

飽きた仕事をただ繰り返す職場では絶対に成長できない。
これ以上ここにいちゃいけない。
ここは行き止まりなんだ。

そう悟ったあとは、もうこの仕事を続けることはできませんでした。

転職活動は「自分の軸」をしっかり定める

その日から、わたしは転職活動をはじめました。

初めての転職で分からないことだらけだったので、まずは手当たり次第転職エージェントに登録し面談しまくり、不明点は転職エージェントに聞きまくりました。

無理なことは無理とハッキリ言ってくれたので、現実的な選択肢を絞り込むことができました。

例えば、わたしは難関とされる資格を取って、どこかの事務所に入ろうと考えていました。
転職エージェントに質問してみると、「30過ぎだとあまり現実的じゃないですね。ロクな事務所に入れません」とバッサリ切られました(笑)。

転職市場を熟知している転職エージェントにバシバシ質問したおかげで、ひとりで悩むより時間を有効に使えて良かったです。

転職サイトに登録すると、大量の求人情報が送られてくるので混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。
そんな時は自分が何を軸とするかハッキリさせておくと、選択がスムーズになります。

当時のわたしは「やりたいこと」がなかったので、「できること」と「やりたくないこと」を軸に会社を選びました。
「できること」は前職で経験したこと、「やりたくないこと」は転勤・外回り・ルーチンワークでした。

こういう軸がないと、会社名だけで判断してしまい、入社後にギャップに悩む可能性が高いので「やりたくないこと」だけはハッキリさせておくことをおススメします。

軸が決まれば、あとは応募→書類選考→面接という流れを淡々と繰り返すだけです。

やりがいが感じられれば、仕事に飽きることはない!

結局あっさり3か月程度で転職が決まりました。

安定を捨てられない。。。と悩んでいたのですが、前職以上に安定した大企業から内定をもらうことができました。

最初に書いたとおり年収は60万ほど上がり、福利厚生で浮いたお金も計算に入れると年間で100万円ほど自由になるお金が増えました。

半分は貯金して、半分はジムでカラダを鍛えたり、セミナーで勉強したりと自己投資に回しました。
その結果、自然と自分の目線が上がってくるので、よりチャレンジングな案件を与えてもらえるようにありました。

転職後は日々、新しい仕事や課題に取り組むことができています。
大企業だけあって、社内にさまざまな部署があり、自分がやりたい仕事があれば手を挙げてどんどんチャレンジできるので、仕事に飽きることもありません。

やりたいことが見つからないまま転職したけれど、結果的に仕事にやりがいが感じられる状況です。
やりがいは目の前の仕事に真剣に取り組んだときに生まれるものなんだと実感しています。

「仕事に飽きた」はサインだった

今から振り返れば、「仕事に飽きた」というのは、次のステップにすすむべき時期が来たサインだったと思います。
少しエラそうな言い方ですが、仕事で求められる能力より、自分の能力が超えた状態になっていたんですね。

あのとき転職に踏み切ったことで、年収もキャリアもアップすることができました。
あのまま退屈な仕事を続けていたら、こんなチャンスを手にすることもなかったし、成長実感を得ることもなかったでしょう。

以前の私と同じように退屈な仕事に悩んでいる方がいらっしゃったら、「仕事に飽きたときは、成長のチャンスです!」と言いたいです。

わたしの体験記がそのような方の参考になれば嬉しいです。

もしあなたがその一歩を踏み出したいのであれば、在職中でも良いのでまずは手当たり次第転職エージェントに登録してみるのが良いです。
自分でそういうきっかけを作らないと、人間はつい楽な方へ流れてしまう生き物なので。

あなたが転職エージェントのビジネスモデルを知っているか分かりませんが、転職者はたくさんのサービスを受けても一切お金がかかりません。
なぜなら、転職先の企業が「採用費」として転職エージェントの会社にお金を払うからです。

また、初回相談に行ったからといって必ずそこで転職を決めなければならないなんてことはありません。
むしろ面接のアドバイスや職務経歴書の添削だけに利用しても問題ないです。

明らかに求職者に有利なサービスですので、賢く活用したいですね。

私が使っていた転職エージェント

とりあえず私が使っていた転職エージェントとオススメ転職エージェントを紹介しておくので参考にしてください。
私は転職を思い立った日に5社登録しました。
あとは淡々と転職エージェントとの面談をこなしていきました。

そこで感じたこととして転職エージェント担当者との合う合わないがありますね。
なので、めんどくさがらずに絶対に複数登録しておくべきです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

やはり王道のリクルートエージェントには必ず登録しておくべきです。
大企業とのパイプが違います。

アドバイザーの能力も全体的に高く、担当者による当たり外れが少ないのがいいですね。
経験豊富なアドバイザーが多いので、不安なことは何でも相談してみるのがいいです。
私も毎回相談していました。

是非ともアドバイザーを使い倒して欲しいものですね。

リクルートエージェント公式サイト:
https://www.r-agent.com

「転職エージェントって登録したあとの流れはどうなるの?」

そんな疑問を持ってる方のために、私が実際にリクルートエージェントを使い倒した事例を元に記事にしました。
参考にしてみてほしいです。

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

また、同じリクルートのリクナビネクストも一緒に登録しておいてください。
自分でも空いた時間に転職先候補を色々見てみるのはプラスになります。

パラパラと求人を眺めていると、「こんな仕事でこれくらいもらえるのか!」というのが見えてきます。
その感覚は転職をする上で重要です。

転職サイトと転職エージェント、うまく使い分けてくださいね。

リクナビネクスト公式サイト:
https://next.rikunabi.com

doda転職エージェント

リクルートエージェントの一番の対抗馬。
リクルートグループの独特のノリが好きじゃないならこちらがオススメw

80%以上が非公開求人で、利用した人の満足度No.1という調査結果も。

dodaは元々転職サイトとして老舗なので、優良企業との繋がりも豊富ですね。

「次こそはホワイト企業に入りたい!」

という人は、必ず登録しておきたい。

リクルートエージェントさんと競っているので、アドバイザーも丁寧・親切です。

doda転職エージェント公式サイト:
https://doda.jp

type転職エージェント

関東圏での転職ならココ。

非公開求人が多く、利用者満足度が非常に高いのが特徴。
71%が年収アップというデータも心強い。
転職者一人ひとりへのサポートが手厚く、書類・面接対策もバッチリ。

「初めての転職で不安だからしっかりサポートして欲しい」

そんな人にはイチオシですね。

ただ、対応拠点の関係で転職支援してくれるのは「一都三県限定(東京、神奈川、埼玉、千葉)」なんですよねー。
このクオリティで全国展開してくれれば嬉しいんですが。

逆に地域を絞って注力しているので、20~30代で一都三県の転職を検討している方にはかなりオススメですね。

type転職エージェント公式サイト:
https://type.career-agent.jp

ワークポート

IT系の転職ならイチオシです。
やはり専門性が高いので相談しやすく、求人のマッチングなどもレベルが高いですね。

私のようにエンジニアとしてキャリアを積んできた人なら間違いないので是非とも相談して欲しいですね。

相談できる拠点は東京、大阪、福岡ですが、その他の地域のIT求人も取り扱っていて、しっかりと電話面談でサポートしてくれますよ。

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp

パソナキャリア

求人数はトップクラスですし、転職者の67.1%が転職後の年収アップに成功しています。
年収アップを目指して転職活動をしているならば絶対に登録しておきたい。

大企業だけでなく、自分の可能性を広げたいと考えているのならとりあえず押さえておきたい、登録しておきたいですね。

パソナキャリア公式サイト:
https://www.pasonacareer.jp

まとめ

とりあえず以上のエージェント、サイトに登録して始めてみればいいと思います。

最終的に「転職しなかった」でもいいと思います
やるだけやってみたら、仕事への飽きという感情が薄れる場合もあると思います。

いずれにしろ、まずは行動してみるのが一番いいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏の転職を応援できない!これって私がおかしい? 彼氏が本気で転職を考えているらしい。 彼の

記事を読む

転職は逃げなのか?「逃げ転職」は悪いこと?不利になるのか?

転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。

記事を読む

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門、それは書類選考ですね。

記事を読む

自分に合う仕事が分からない!診断する方法はあるのか考察

頑張れば自分の居場所は必ず見つかる いきなり断言しますが、自分に合う仕事は存在します。 誰に

記事を読む

会社の電話を取るのがつらい。苦手。電話イップスを克服する方法

電話が鳴ると極度の緊張が走る 新卒社員が社会人として仕事をする中で、まず最初に壁にぶち当たるの

記事を読む

失業保険を早くもらう方法。過去4回失業給付受給した実体験

失業給付はやることをやれば早くもらえてしまう 自慢じゃないですが、私は転職回数が多いです(ホン

記事を読む

男性看護師の収入、年収。私や同僚の具体例を赤裸々に書きます

男性看護師のリアルな年収や、給与がアップした実体験を紹介します 「男性看護師として働いて数年経

記事を読む

男性看護師は職場の人間関係で苦労する。私が気をつけていること3つ

男性看護師は職場の人間関係で苦労する。私が気をつけていること3つ

男性看護師が人間関係で気をつけている実例を紹介します 「職場の人間関係がうまくいかなくて・・・

記事を読む

転職で年収アップする方法と戦略。重要なのはタイミング?

年収を大幅にアップさせるなら転職か独立 大幅な年収アップを目指して転職を考える人はたくさんいま

記事を読む

大企業に就職することの本当のメリット5つ、デメリット5つ

就職活動は人生の大きな分岐点 新卒の就職活動というのは、多くの人にとって初めての大きな決断のタ

記事を読む

ミュゼ

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

「大喜利の力!」第3回レース(2020年春の陣)の結果発表!!

大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま

医療脱毛とエステ脱毛の違い。効果は全然違う?どっちがいいの?

医療脱毛、クリニック脱毛って何なの? あなたは現在全身脱毛をして

子どもの英語教育、自宅で手軽に始めるならこれ!おすすめのキッズ動画

子どもの英語教育は自宅でお金をかけずにできる 子どもの英語教育、

「大喜利の力!」第2回レース(2020年冬の陣)の結果発表!!

大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま

「大喜利の力」傑作選!笑ってコロナを吹き飛ばそう!

コロナの影響により不要不急の外出がためらわれる現状。 SNS

no image
コロナショック後の日経平均&ダウの株価予測。投資歴17年のトレーダーが解説

相場が荒れまくっています。 名称はもうコロナショックで良いのでしょう

妊娠中~授乳中のノンカフェインはどれが良い?ルイボスティーがおすすめな理由

妊娠中~授乳中のノンカフェイン選び、悩みました 妊娠中~授乳中の

ミュゼ100円は本当?料金の仕組みとからくりを暴く【体験談あり】

ミュゼはなぜ100円で満足するまで脱毛できるのか? これを書いている

no image
人生の幸福の7割は公園にある(花粉症の人は残念)

結局、幸せってなんだろう? 幸せはどこにあるんだろう? 知っていま

ストレス発散方法が分からない!子育て中・育休中ママになった私が解決した方法

専業主婦・育休中ママは息抜きさえ難しい! 子供が小さいうちって、

→もっと見る

PAGE TOP ↑