上司が嫌い!スラムダンクのゴリに見る、パワハラ上司の性質とは

公開日: 転職・就職・キャリア

上司が嫌いで会社辞めたい人に捧げるパワハラ本質論

直属の上司にパワハラ上司がいると本当に大変です。
あなたも毎日しんどい想いをしていますか?

パワハラ判定の難しい部分って、その人が人間的に腐っていれば分かりやすいんですが、人間的にはしっかりしていて魅力的な場合もあったりするから大変なのです

その場合、パワハラを受けているはずなのに社内での自分の味方が少なくなり、孤立してしまいがち。

「そんなことはない!パワハラをする人間は最低のクソ人間ばかりだ!」

と思う人もいると思うので、今回はスラムダンクのゴリを使って説明してみます。

ちなみに、スラムダンクを読んでない人がこの先を読んでもさっぱり分からないはずなのでご了承ください。

ある会社の近くの喫茶店で

「はははは」

「ねえ、西川さんたちテレアポはいいの?月末近いのにノルマ達成してないんでしょ?」

「外回りで帰社が遅くなるって言ってある」

「オレは客先がトラブったってことに」

「えーウソじゃん」

「赤木さんにおこられるよ。こわいよー」

「大丈夫。根が単純だから(怖いけど)」

「はっきり言って・・・」

「あの人にはついていけねーよ」

「意識高い系のエセ起業家だもん。なんかあの人」

「そう・・・今日もさ なんかふっるいカーネギー?とかの起業家本見せられてさ」

「コレがオレの原点であり、最終目標なのだ・・・」

「・・・なのだ」

「・・・なのだ」

ガラ

「・・・・・・!!」

「赤木さん」

「うああああああーーーーっ」

ブン

!!

「・・・・・・・」

「ぎゃっ」

ドシッ

「・・・・・・」

「はあ はあ はあ はあ」

「ぐっ・・・ うぐ・・・・・・・・」

「き・・・・強要しないでくださいよ」

「東証一部上場 グローバル企業化だなんて」

「・・・・・!!」

「GAFAの時価総額に挑戦したいなら ソフトバンクにでもいけばいいでしょ」

「ここは有限会社◯◯商事ですよ」

「とりたてて何の取り柄もない・・フツーのサラリーマンが集まるところさ」

「先輩だってでかいだけで学歴も知識も営業センスも技術力もないから Googleにもソフトバンクにも行けなかったんじゃないですか」

「ソフトバンクだってはるか雲の上なんだ」

「強要しないでくださいよ 売上10兆なんて」

「あなたと一緒に仕事するの 息苦しいっすよ」

 

 

 

 

 

「何やってんだ赤木 みんなとっくに帰っちゃったぞ!!」

「営業資料作るの手伝ってくれよ このパソコン パワーポイントがうまく起動してくれないんだ!!」

「わはは」

「それはライセンス料を支払っていないからだ」

「何ーーーっ だったらOpenOfficeでも入れておいてくれよ くそーー」

※ スラムダンク30巻の一部よりパロってます

パワハラはいたるところに転がっている

お分かりでしょうか?
あの名シーンも、見事なまでのブラック上司に。

スラムダンクのゴリは人間的に熱くて魅力的なキャプテンです。
少なくともそのように描かれています。

あの問題児軍団の湘北を取りまとめてチームとして機能させているのは、ゴリという圧倒的なキャプテンシー、求心力があってこそです。

しかし上記の通り、そのゴリも一歩間違えばかなり悪質なパワハラ上司になってしまうわけですよ。
このゴリ、現実で想像するとかなりウザいですよね?
パワハラというか、もう暴力振るってますからね。悪質すぎる。

でも、セリフとシチュエーションをちょっと変えただけのパロディですからね。
なかなか恐ろしいシーン。

僕もサラリーマン時代、始業開始時間の1時間前出社を先輩からの無言のプレッシャーで強要されたことがあります。
確かに悪いことではないんだけど、強要されるとつらいですよ。

でも、そういう人って意識高いから、社内での評価は高くなりがちなんです。

ちなみに僕は、仮に部活の場だとしてもゴリみたいなキャプテンの元ではやりたくないですねw
まさに西川くんの立ち位置です。強要するなよ。
俺はシュートを打ってボールがゴールネットを通る音が好きだからバスケ部に入ったんだよ←実話

まとめ

人間的に称賛されている魅力的な人が、一歩間違うと悪質なパワハラ上司になってしまう。

仕事って責任が伴うので、全てを割り切って考えることはなかなかできないんですよね。
労働者側に全譲歩をしたら経営が成り立たなくなるみたいな側面もあるし。

とりあえず全てのパワハラを無くすことは原理的に不可能なので、自分が耐えられない場合は逃げましょう。
僕が言えるのはそれだけです。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

転職で年収アップする方法と戦略。重要なのはタイミング?

年収を大幅にアップさせるなら転職か独立 大幅な年収アップを目指して転職を考える人はたくさんいま

記事を読む

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

転職エージェントのdoda(デューダ)の面談を2回の転職事例含めて解説 転職のスタートは、転職

記事を読む

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

リクルートエージェントで登録・面談を受けて転職が決まった私の体験談 転職しよう!と思い立ったら

記事を読む

退職時の企業型確定拠出年金、脱退一時金?個人型へ移管?

企業型確定拠出年金はややこしい 昨今、退職金代わりに企業型確定拠出年金(401k)を導入する企

記事を読む

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップにはコツがある? 「世間的には看護師は給料がいいと言われているのに、

記事を読む

転職は逃げなのか?「逃げ転職」は悪いこと?不利になるのか?

転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。

記事を読む

40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする

40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする

転職を考えている40代女性へ 今の仕事に満足していますか? 定年まで今の会社で勤めることがで

記事を読む

仕事疲れた辞めたいときは通勤電車を逆方向に乗ってみる、を実践してみた

仕事に疲れたら「非日常」で精神を回復させる 「もう仕事疲れた。辞めたい。会社に行きたくない」

記事を読む

社会人一年目が絶対にやっておくべきたった一つのこと

社会人一年目は大変なんです 学生から社会人になる瞬間は人生の中で一番の変革期かもしれません。

記事を読む

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏に転職してほしくない!反対!結婚願望が強すぎた私の失敗談

彼氏の転職を応援できない!これって私がおかしい? 彼氏が本気で転職を考えているらしい。 彼の

記事を読む

ミュゼ

web軍師

名古屋在住の30代。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

no image
もしアフィリエイトが無かったら何をしていたのか?セミリタイアとキャリアの話

僕は独立時にはアフィ収益がありません。 というか、そもそもアフィ

子供をスポーツ選手に育てる。親子二代で全国区の選手になった育て方とは
子供をスポーツ選手に育てる。親子二代で全国区の選手になった育て方とは

親子二代でスポーツ選手を目指す 昨今、ジュニアアスリートの活躍が

上司が嫌い!スラムダンクのゴリに見る、パワハラ上司の性質とは

上司が嫌いで会社辞めたい人に捧げるパワハラ本質論 直属の上司にパ

no image
人生の幸福の7割は公園にある(花粉症の人は残念)

結局、幸せってなんだろう? 幸せはどこにあるんだろう? 知っていま

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃! ミュ

医療脱毛とエステ脱毛の違い。効果は全然違う?どっちがいいの?

医療脱毛、クリニック脱毛って何なの? あなたは現在全身脱毛をして

ミュゼ100円は本当?料金の仕組みとからくりを暴く【体験談あり】

ミュゼはなぜ100円で満足するまで脱毛できるのか? これを書いている

キャビテーションが効果ない理由は仕組みにある。痩せられる条件とプロの本音
キャビテーションが効果ない理由は仕組みにある。痩せられる条件とプロの本音

キャビテーションのみでは効果がない理由を解説 「他の細胞は一切傷

元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数
元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数

フェイシャルエステや痩身エステって、いつ・何回行くのがベストなの?

ヴィトゥレの痩身エステの口コミ評判。効果ないと言われる理由を解説
ヴィトゥレの痩身エステの口コミ評判。効果ないと言われる理由を解説

ヴィトゥレの本当の口コミは?元エステティシャンが体験エステをレポー

→もっと見る

PAGE TOP ↑