転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

公開日: 転職・就職・キャリア

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか?

転職活動の第一関門、それは書類選考ですね。

「よし、転職しよう!」と思い立ち、履歴書・職務経歴書を書いてみて、単に自分の学歴や職歴を並べただけになってしまった。。。書類選考がなかなか通らない。。。
こんな状態に陥ってしまう方も多いのではないでしょうか。

わたしも初めての転職活動のときは、このような状態でした。

「手書きで真面目さをアピールする」
「志望動機を工夫する」
「魅力的な自己PRにする」

このような小手先のテクニックに踊らされ、「女性ならではのきめ細やかさで誠実に仕事に取り組みます」など、訳のわからない自己PRを書いたりしていました。
手書きで。

当時のわたしは転職の書類選考とは何かを全く理解していませんでした。

少々きびしい表現ですが、転職は企業側と求職者側の戦争です。

単に自分の学歴や職歴を並べただけ、ネットで調べた小手先のテクニックでお化粧しただけの書類を提出するのは、竹やりを持って戦場に行くようなものです。

即死して当たり前ですよね。

戦いに勝とうと思ったら、武器が必要なんです。

書類選考における武器。
それは「ある程度の難易度が高い資格」です。

わたしはこれを手に入れたことで、転職でキャリアアップすることができました。

武器になる資格はなにか、その勉強法も合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

武器になる資格をとる意味

武器になる資格とは、「ある程度の難易度がある資格」です。

誰でも取れる簡単な資格をいくつ並べても意味がありません。

「ある程度の難易度がある資格」なら、あなたが平均以上の学習能力・目標達成能力を持っていることを証明できます。

逆にあまりにも難しい資格、例えば弁理士や弁護士などは専門性が高すぎるので、転職できる分野が限られてしまいます。

私は「ある程度の難度のがある資格」にITストラテジストとTOEICを選びました。

それぞれについて詳しく書いて行きます。

武器になる資格 その1 ITストラテジスト

ITストラテジストを選んだ理由

ITストラテジストは、情報処理技術者試験の中で唯一の国家資格であり、最高峰なのでIT系企業ならどこにでも訴えるものがあると考えて選びました。

IT系の仕事をしている人なら大抵なにか一つは情報処理技術者試験にパスしているのですが、ITストラテジストを持っている人は少ないので、レア感もありますしね。

ITストラテジストを取った成果

ITストラテジストを取得した結果、未経験だったシステム企画職に転職することができました。

年収もアップしましたし、仕事の幅もグッと広がりました。

この時は30半ばだったので、正直未経験の仕事への転職は厳しいと、転職エージェントに言われていました。

それなのに年齢と未経験の壁を突破できたのは、この資格を持っていたのも一つの要因です。

武器になる資格 その2 TOEIC930点

TOEICを選んだ理由

TOEICスコアを履歴書に書けるのは800点からと転職エージェントに言われました。

900点以上は受験者の約3%しかいないそうです。

800点台がほとんどの中、900点台のスコアを履歴書に書ければ、英語がある程度できると採用担当者に思わせることができると考えました。

TOEIC930点を取った成果

1度目の転職の時はTOEIC700点台。
履歴書に書くことすらできませんでした。

2度目の転職の時はTOEIC930点だったので、ドヤ顔で履歴書に書いたところ、外資系企業からのオファーが多数飛んできました。

また国内企業からも、英語ができる人だけのプレミアムオファーがありました。
「英語ができると年収アップできる」を痛感しましたね。

「英語ができる」 = 「自分を売れる転職市場が広がる」ってことです。

価格交渉で有利になるのは当然なんですよね。

実際に2度目の転職の際には、年収が100万円アップしました。

このときは40歳を過ぎており、「年収が下がっても仕方ないかな。。。」と少し後ろ向きな気分で転職活動をしていたので、自分でもビックリでした。

しかも結局、面接を受けたのは2社だけ。
本当に短期間で転職することができました。

もしあなたが「年収アップしたい、仕事の幅を広げたい」と思っているのなら、英語を身につけるのが一番手っ取り早いですよ。

google翻訳が普及しているから、今さら英語を勉強する意味ないなんて風潮もあります。
はっきり言って、まともに仕事したことある人のセリフなのかな?と思ってしまいます。

会社で使う情報を全部google翻訳にかけるなんてできるわけ無いじゃないですか。

情報が全部googleにダダ漏れですよ。

また、仕事をするのにいちいちgoogle翻訳を使う人と、google翻訳を使わない人だったら、後者の方が仕事のスピードが早いのは目に見えていますよね。

英語ができる人材は転職市場でまだまだ有利です。

資格試験勉強法

さて、持っていると転職に有利な資格試験にどうパスするかですよね。

それぞれ自分にあった勉強法があると思いますが、ご参考までに、わたしがITストラテジストとTOEIC930点を取得した時の勉強法をお伝えします。

汎用性があるので、他の資格試験にも応用できるはずです。

ステップ1 一週間のうちに確保できる勉強時間を把握する

一週間のうちに確保できる勉強時間を把握しましょう。

わたしは平日1時間、土日それぞれ5時間で計15時間/週 確保していました。

残業が多かったり、家事・育児で時間を作るのが難しい人も多いと思います。
でも、あなたは本気で今よりいい仕事に転職したいんですよね?

本気ならこれくらいの時間は未来の自分に投資できるのではないでしょうか。

ステップ2 学習スケジュールを立てる

公式の模擬試験、もしくは過去問を購入して、制限時間内に解いてみましょう。

採点後に自分のスコアと合格ラインのスコアを比較してみてください。
自分の今の実力がどの程度か把握できます。

以下の2つの式に従って、学習スケジュールを立てましょう。

1.合格ラインの実力 – 今の自分の実力 = 合格までに必要な勉強量

2.合格までに必要な勉強量 / ステップ1で把握した勉強時間 = 学習に必要な期間

ステップ3 問題集を繰り返し解く

何冊も問題集をやるより、1冊をじっくりやった方が学習効果が高いです。

間違えた問題は、なぜ間違えたのか理解して、解けるまで何度も何度も繰り返しましょう。

苦手分野があるなら、スキマ時間も利用して復習するといいです。

私は良く間違える問題を100円ショップで買った小さいノートにまとめておいて、電車の待ち時間やトイレなどの、ちょっとした時間に見返していました。

地味ですが、これが意外に効果的でした。

「問題集を繰り返し解く」→「模擬試験で進捗確認する」

基本的にこれを繰り返し、スキマ時間に苦手分野の復習を行っていれば、だんだん実力が伸びていきます。

最初は結果が出にくいので不安に思うかもしれませんが、正しい努力を積み重ねていれば、必ず結果はついてきます。

資格を取ったら本当に転職しやすくなるのか

ある程度の難易度がある資格は、採用担当者の目に留まりやすいです。

わたしも難関資格を履歴書に書けるようになってからは、面接時に資格のことを必ず聞かれたので「ああ、見られてるんだな」と実感しました。

結果として年収もキャリアもアップできたので、転職の役に立ったことは間違いありません。

でも振り返ってみると、仕事から帰ってきて勉強するのは確かにしんどかったです。
残業が多い時は「勉強なんかせずに寝たいなぁ」と思うことがありました。

それでも人生変えたい!って気持ちの方が強かったので、勉強は続けていました。

あなたは仕事から帰ってきて、問題集を開くこともできます。
テレビを観ることもできます。

どちらを選ぶか迷ったときには、「転職は企業側と求職者側の戦争」だと言うことを思い出して欲しいです。

一度勝てば年収もキャリアもアップすることが可能です。
年収とキャリアがアップしたら、人生の自由度が上がります。

でも準備しないと確実に負けるんです。

戦いに勝って自由を勝ち取る人生と、負け戦を続ける人生。
あなたはどちらを選びますか?

まとめ

書類選考を通りたければ、書き方よりも、しっかり資格試験の勉強をした方が効率的です。

ただ転職エージェントで書類の添削をしてもらい、マイナスを0にしてもらう努力は忘れずにしておきましょう。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

退職、会社を辞めることにそれほどリスクがない理由。

会社を辞めることに大してリスクなんかない 20代で会社を辞めて独立しようとする人が増えています

記事を読む

転職 40代 IT

IT業界40代で転職に成功した私が考える、本当に必要なスキル5つ

IT業界40代でも転職は可能なんです IT業界では35歳転職限界説がまことしやかに囁かれていま

記事を読む

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

転職エージェントのdoda(デューダ)の面談を2回の転職事例含めて解説 転職のスタートは、転職

記事を読む

男性看護師の収入、年収。私や同僚の具体例を赤裸々に書きます

男性看護師のリアルな年収や、給与がアップした実体験を紹介します 「男性看護師として働いて数年経

記事を読む

転職は逃げなのか?「逃げ転職」は悪いこと?不利になるのか?

転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。

記事を読む

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップにはコツがある? 「世間的には看護師は給料がいいと言われているのに、

記事を読む

転職で年収アップする方法と戦略。重要なのはタイミング?

年収を大幅にアップさせるなら転職か独立 大幅な年収アップを目指して転職を考える人はたくさんいま

記事を読む

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

仕事に飽きていませんか? 毎日毎日やりたくもない、興味も湧かない仕事を繰り返している。 お金

記事を読む

転職の面接で落ちる理由と7つの対策!採用担当者の本音

転職の面接にはコツがある? 現在私は法人の代表ですが、独立する前に会社を4社経験しています。

記事を読む

type転職エージェントの評判や特徴を私の面談実体験からリアル事例で解説

type転職エージェントの評判や特徴を私の面談実体験からリアル事例で解説

type転職エージェントへ面談に行ってきた私の体験談です 転職エージェントの登録というと、

記事を読む

ミュゼ

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

男性看護師の収入、年収。私や同僚の具体例を赤裸々に書きます

男性看護師のリアルな年収や、給与がアップした実体験を紹介します

type転職エージェントの評判や特徴を私の面談実体験からリアル事例で解説
type転職エージェントの評判や特徴を私の面談実体験からリアル事例で解説

type転職エージェントへ面談に行ってきた私の体験談です 転

元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数
元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数

フェイシャルエステって、いつ・何回行くのがベストなの? フェイシ

旦那に父性がない。父性はどのタイミングで目覚めるのか割合で解説

うちの旦那、おかしくない? 「旦那さんにパパとしての自覚が全くな

メナードエステって効果あるの?評判や料金、勧誘など元エスティシャンが完全解説
メナードエステって効果あるの?評判や料金、勧誘など元エスティシャンが完全解説

CMでよく見るメナードのエステ。評判や実際の効果はどうなんでしょう

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

ディオーネの口コミ評判。痛みが0で効果もあるが料金が高い理由を解説
ディオーネの口コミ評判。痛みが0で効果もあるが料金が高い理由を解説

ディオーネは痛みゼロで子供でも脱毛できる。カウンセリングで詳しい話

レジーナクリニックの口コミや評判を検索しても全く意味がない理由

レジーナクリニックの口コミや評判を調べる人が急増中 脱毛をしたい

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説
リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

リクルートエージェントで登録・面談を受けて転職が決まった私の体験談

ストラッシュの蓄熱式脱毛の口コミ評判。料金が安いけど効果ないと言われる理由
ストラッシュの蓄熱式脱毛の口コミ評判。料金が安いけど効果ないと言われる理由

ストラッシュの口コミ評判は本当なのか?カウンセリングで探ってみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑