働く理由とは?お金?やりがい?みんなで働かなかったらどうなる?

公開日: 転職・就職・キャリア

a0003_001881_m

就活生、新社会人にお送りする「働く理由」

みなさん、働いていますか?就職活動頑張っていますか?

日々の苦しい仕事や就職活動という現実に追い込まれる中で、

「あれ?なんで働くんだっけ?」

という素朴な疑問にぶち当たっている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

働く理由とは?

現代の社会は複雑で、情報が溢れかえり、あらゆる「意味」が見えにくくなっています。
そのせいで、意味を考えることを放棄してしまう人も多いですね。

今回はそんな素朴な疑問「働く理由とは?」について書いてみます。
男性なら40年くらいは働くわけですし、ちょっと一緒に考えてみましょう。

結局はお金のため?

「なぜ働くのか?」

というテーマについて考えた場合、多くの人の答えは、

「お金を稼いで生活するため」

でしょうね。

もちろんその他にも、やりがいだとか、楽しさだとか、経験を積みたいだとか、みんながやっているからだとか、人それぞれ色んな理由があるかとは思いますが、根底にあるのは「お金」です。

ぶっちゃけ、今後一生変動リスクのない不労収入が月に100万円あったとしたら、今すぐ就職活動をやめる就活生、会社を辞める新入社員は多いのではないでしょうか。
いや、みんなと違うことをやるのは怖いから、結局はまず働いてみる人が多いってのが正解かもしれませんね。

働いてばかりの人生は裕福なのか?

でも、ちょっと考えてみてください。
これだけ発展して裕福になったはずの日本で、なぜ人生の大半を仕事につぎ込んでお金を稼いでくる必要があるのでしょうか?
なぜ終電まで残業しなきゃいけないのでしょうか?

もう少しみんなでのんびり暮らすことはできないのでしょうか?
働いてばかりの人生って、本当に裕福なのでしょうか?

昔はどうだった?

2500年前の古代ギリシャで、「哲学」というものが発展しました。

哲学とは、簡単に言えば「なんでだろう?どうなっているんだろう?」の追求ですね。

なぜそんなものが発展したかといえば、「暇」だったからです。
ではなぜ暇だったかといえば、奴隷制度が確立していて労働は奴隷がやっていて、家のことは女性がやっていたので、男性は特に何もやることがなかったからなんです。

やることがないから、議論や弁論ばかりしていて、色々と思想が煮詰まっていったわけですね。

哲学のことは今回は置いといて、2500年前の国家ですら働かなくて自由に生きられる人生があったということです。
ちょっと考えてみてください。
今の日本と、どちらが裕福なんでしょうか?

現代は資本主義経済のもと、経済的奴隷と経済的自由人がいると考えれば、2500年前とあまり変わっていないといえば変わっていないのかもしれませんね。

100人に1人だけ働く世界

ここで一つの思考実験をしてみましょう。

科学が発展した現代では、計算上はおそらく100人に1人が働けば、残りの99人は特に何もしなくても生きていけます。
生活に必要な「衣」「食」「住」は十分賄えます。

必要な物は全て配給制になり、お金すら必要ありません。
別にみんなで必死になって働く必要性はどこにもないんですよ。
毎日適当になんかしてればいいんです。

じゃあ、毎日適当に何をしましょうか?
ゲーム?ゲームなんかないですよ。
衣食住以外の仕事は誰もやってないんですから。

映画?そんなものないですよ。
レストラン?そんなサービスを作ろうと思ったら、労働人口を増やさなきゃいけないからありません。
配給されているお米やお肉を食べていればいいんです。
量としてはそれで十分足りているわけですし。

暇を持て余す

そうなってくると、やっぱり人生暇ですよね。
毎日同じようなものを食べて、同じようなもの着て、適当にしゃべって終わりです。

そんな中、頭のいい行動力のある人間が暇つぶし遊びの延長で、「こんなの作ったよ」と、何らかのサービス(マンガでもレストランでもかわいい服でも何でもいい)を産み出します。

そのサービスは、最初は周りの人が自由に受けられたかもしれませんが、そのうち、

「俺はこんなサービスを作った。このサービスをあげるから、優先的にそのサービスをくれ!」

なんて人間が現れて、気づいたらサービスを受けるには何らかの対価が必要になってきました。

すると、暇つぶしの面白いことをたくさんやるためには、自分も何らかのサービスを生み出さなくてはいけません。
配給されてるお米なんかを持っていっても、誰もお米には困っていないですから価値を見出してくれません。
気づいたら、人生の暇つぶしのためにみんなでサービス合戦を始めだしました。

あれ?現代と変わらない?

こういう状況が成熟していくと、あらら不思議、物々交換、サービス交換では不便なので、モノやサービスの尺度を計ったり対価を分かりやすくするために、なくなったはずの「お金」が復活してるじゃないか。

さらに成熟すると、あれれ?第三次産業が発展している今の日本とほとんど同じ状態になるんじゃないか。

実際には配給制度(社会福祉)が少ないから、より競争させられているわけですけどね。

資本主義経済の基本的な構造

つまり、自分達が毎日あれやこれやと様々なモノやサービスを消費することによって、逆に仕事によってがんじがらめになっていくという構造があるわけですね。
モノやサービスが欲しいから、とにかく働いて勝ち取るしかない、という現状が作られています。

だからと言って、モノやサービスを受けないように努力しても無意味です。
社会構造が資本主義経済という形をとっている限り、モノやサービスの大量生産、大量消費をしない限りは社会は発展していかないわけで、結局はこの構造からは抜け出せないのです。
私達は社会の中で生活しているので、そこにある基本的な仕組みからは逃れられないわけですね。

まとめ

就活生、新入社員に前向きな気持ちになってもらうものを書こうかと思っていましたが、見事なまでに逆の記事になってしまいました(笑
とは言え、これがシンプルな現実なんです。
働くことに意味や理由があるというよりは、必然的にそうなってしまうということですね。

現代のジレンマは、若い世代は上記のモノやサービスをあまり欲していないというところにあります。
とは言え、それはインターネットなどの安価なサービスが増えたからそう感じるんですけどね。

大してお金が欲しくないのに必死で働かなくてはいけないので、働くことに意味を見出したくなるわけですね。

新入社員向けの記事

悩める新入社員向けの記事書きました。

会社を辞めたい新入社員は我慢せずに3ヶ月で辞めればいい

よろしければ読んでみてくださいねー。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

転職エージェントのdoda(デューダ)の面談を2回の転職事例含めて解説 転職のスタートは、転職

記事を読む

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門、それは書類選考ですね。

記事を読む

年収を上げるには?私が実践した超具体的な方法6つを詳しく紹介

年収を上げる具体的な方法は意外と少ない!? 「もう少し年収を上げたい!どうしたら年収は上がるん

記事を読む

30代Webディレクターの転職とキャリアの成功について経験者が考える

Webディレクターのキャリアについて真面目に考えてみる こんにちは。web軍師です。 私

記事を読む

転職 40代 IT

IT業界40代で転職に成功した私が考える、本当に必要なスキル5つ

IT業界40代でも転職は可能なんです IT業界では35歳転職限界説がまことしやかに囁かれていま

記事を読む

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

「仕事に飽きた」で転職した私が、その後の人生やキャリアを赤裸々に書く

仕事に飽きていませんか? 毎日毎日やりたくもない、興味も湧かない仕事を繰り返している。 お金

記事を読む

会社を辞めたい新入社員は我慢せずに3ヶ月で辞めればいい

新卒が辞めるのを批判する正論記事、多すぎない? 4月入社の新卒の皆さん、元気に会社に通っていま

記事を読む

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

看護師になったこと、一度は後悔したことあるのではないでしょうか 「男の看護師って女性がたくさん

記事を読む

仕事疲れた辞めたいときは通勤電車を逆方向に乗ってみる、を実践してみた

仕事に疲れたら「非日常」で精神を回復させる 「もう仕事疲れた。辞めたい。会社に行きたくない」

記事を読む

転職で年収アップする方法と戦略。重要なのはタイミング?

年収を大幅にアップさせるなら転職か独立 大幅な年収アップを目指して転職を考える人はたくさんいま

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

POLAエステって効果あるの?評判や料金、勧誘など元エスティシャンが完全解説
POLAエステって効果あるの?評判や料金、勧誘など元エスティシャンが完全解説

ポーラエステの実際の評判や他エステとの違いは? ポーラの顏エステ

コロリーの評判。勧誘がかなりきついけど全身脱毛の料金が安いのは間違いない
コロリーの評判。勧誘がかなりきついけど全身脱毛の料金が安いのは間違いない

コロリーの全身脱毛は月額890円とかなり安い 全身脱毛サロン、コ

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

【2018年10月】今、マンションは賃貸収入より売却すべき。私の事例で比較

マンションを売却。購入時よりも高値で売れた、我が家の事例を紹介しま

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法
まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

看護師になったこと、一度は後悔したことあるのではないでしょうか

上司が嫌い!スラムダンクのゴリに見る、パワハラ上司の性質とは

上司が嫌いで会社辞めたい人に捧げるパワハラ本質論 直属の上司にパ

サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く
サロン脱毛5回では全然効果なし?私の銀座カラー5回の効果を部位別に書く

毛深い私が光脱毛を5回行った結果は? わたくし、毛深い女はほくそ

介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く
介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く

介護職の人間関係で悩んでいる人は多いんです 介護現場の人間関係は

ゴリラクリニックの評判。ヒゲ脱毛1回100円の落とし穴と口コミが良すぎる裏事情
ゴリラクリニックの評判。ヒゲ脱毛1回100円の落とし穴と口コミが良すぎる裏事情

ゴリラクリニックの本当の評判は? はじめまして! 僕は自分

元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数
元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数

フェイシャルエステって、いつ・何回行くのがベストなの? フェイシ

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑