仕事疲れた辞めたいときは通勤電車を逆方向に乗ってみる、を実践してみた

公開日: 転職・就職・キャリア

仕事に疲れたら「非日常」で精神を回復させる

「もう仕事疲れた。辞めたい。会社に行きたくない」

こんなことは誰もが人生で一度や二度、いやいや100回くらいは感じたことがあると思います。
私も過去に何回感じたのかもう分かりません。

そんなあなたは、↓のような言葉を一度は見たこと聞いたことがあると思います。

もし仕事に行きたくなくなったら、そのまま反対の電車に乗って、
海を見に行くといいよ。

海辺の酒屋でビールとピーナツ買って、海岸に座って
陽に当たりながら飲むといいよ。

ビールが無くなったら、そのまま仰向けに寝ころんで、
流れる雲をずっと眺めるといいよ。

そんな穏やかな時間がキミを待ってるのに、何も無理して
仕事になんか行く必要ないよ。

そうなんだよ。

この日常があまりにも当たり前になっているけれども、たかが反対側の電車に乗るだけで、いつもとは全く違う景色が見られるし体験ができる(山手線などの環状線は残念!)。
日常からの脱却。非日常という人生のリアリティ。

一見ふざけた話に見えるけども、非日常を経験することによって思考がリセットされ、頭の中が一旦クリアになって、人生における色んなことをフラットに冷静に判断できると思うんですよね。
単なる現実逃避と言えなくもないけど、自分の想像を超えるような行動って、たまには必要だと思います。
そもそも、別に逃げてもいいんだし。

無計画一人紀行、スタート

まあ実際にこんなことをしたら大変なことになると思います。
社内ミーティングがある、取引先との打合せがある、そもそも今日中にこなすべきタスクが山ほどある。

でも、仕事に疲れて精神的にどうしようもない、辞めたいどころか死にたいくらいのレベルならたまには日常からドロップアウトしてみるのもいいと思うんです。
現実的には会社に何の連絡も無しにふらっと旅立つのはやばいので、病欠の連絡、可能であれば有給休暇の申請くらいはしておきましょう。

「朝起きたら熱が39度4分あったので今日は会社を休みます」

ってしんどそうに言えばいいだけです。

というわけで、今回は最近仕事に疲れた私が実際にふらっと反対電車に乗って、どこへ行って何をしたのか、やってみて何を感じたのかをお届けしたいと思います。

普段旅行をあまりしない人間の無計画一人紀行、疲れているあなたに読んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

反対側の電車はいきなり別世界

いつもと反対の電車に乗る。
たったそれだけで、まず、電車に乗っている人たちの雰囲気が違う。

都会に向かう電車と田舎に向かう電車。
普段は都会に向かう電車だけど、今日は田舎に向かう電車。
後ろめたい気持ちと、ちょっと好奇心が漂うこの感じ。

サラリーマンは少なく、学生や年配者が多い。
いきなり非日常の風景だ。
毎朝感じるどんよりとした空気はそこにはない。
どこかのんびりと平和な感じがするのは自分の気のせいか。

田舎に進んでいくほど、学生は明らかに素朴になっていく。
スカートは長く、髪型は地味。
男子も中学生みたいな高校生でいっぱい。

とりあえず豊橋に着いた。
愛知県の中で名古屋の反対側、東の端だ。
私が反対方向の電車に乗ると、ここにたどり着く。

さて、何をするか。
いきなり自由だ。何も拘束されていない。

豊橋には今でも路面電車があるからとりあえずそれに乗ってみるか?
しかし、なんか違う感じもする。

路面電車に乗っていたら、それは単なるぶらりひとり旅である。
まあ、大きな視野で見ればぶらりひとり旅なんだけど、今回は「仕事に疲れた男が日常からの解放を求める旅」だ。
なるべく非日常が欲しい。

全ての答えは海にある

やっぱり海だ!
例の文章にも書いてあった通り、海が重要だ!

それなりに都会に住んでいる人間にとって、海には非日常が詰まっている
特に名古屋近郊には海らしい海が何処にもないのだ。

浜辺でずっと寝転んでいるだけで、日常からスッと離脱できる気がする。
想像するだけで気持ち良さそう。

無計画でここにたどり着いてしまったが、海に行かなければならない。
幸い、豊橋から海は近いはず。
愛知県の右足、渥美半島の伊良湖岬などは結構人気のビーチのはずだ。

早速スマホで検索。
非日常を求めつつ、やっぱりスマホは便利。
スマホなしのぶらり旅は私には無理だ。

しかし、ここで思わぬ事態が。
渥美半島の浜辺まで電車で行く手段はないらしい。
そこに海があるのに、電車では行けない。
どこかの駅から歩ける距離でもない。
海は近くて遠い。

とにかくここから電車て行ける浜辺っぽいところを探すと、静岡県の浜名湖、弁天島というところにビーチがあるらしい
今までの人生で行ったことのない場所だ。
駅から降りて歩いて行ける距離っぽい。

厳密には海ではなく湖になってしまったけど、海と接しているから水はしょっぱいらしい。
なら海だ。大丈夫。海だ。
というか、砂浜さえあればそれでOKだ。

そう自分に言い聞かせて、弁天島へ向かうことに。

「朝からビール」というパワーワード

もう一つの非日常、それは「朝からビール」だ。
昼からビールでもかなりの非日常だが、朝からビールの破壊力には敵わない。
完全にダメ人間感のあるこの語感。
まさに自由の満喫。

ただ、現実は残酷で、残念なことに私はビールが嫌いだ。
生ビールならまだ普通に飲めるけど、缶ビールは全然ダメ。受け付けない。

非日常を満喫するためにわざわざ苦痛を味わう必要もないと思い、ここは折衷案で梅酒の缶チューハイで行く。
これなら缶でも美味しいし、アルコールも十分摂取できる。
最良の選択だ。

誰も電車内で飲食していない中、私一人がダメ人間のように缶チューハイを飲みながら弁天島へ。

優雅な電車旅を楽しもうとしたら、5駅しかなくてあっという間に着いてしまった。
まだ飲みきってないのに。

弁天島のビーチへ

弁天島駅はちょっと寂れた感じの駅だった。
そんなことはどうでもいい。とにかくビーチだ。
9月中旬ではあるけど、もしかしたら水着のかわいい女子でもいるかもしれない。
それをぼーっと眺めていたら、日頃の疲れなんて全て吹っ飛ぶのではないか。

そんなワクワクを胸に、いざビーチへ。

 

 

 

 

。。。

これがビーチか。

水着のかわいい女子はもちろんのこと、そもそも水着の人は誰一人いない。
そこはおっさんと、学生が授業で釣りをやっているだけのビーチだった。
まあ、現実はこんなもんだよね。

普段はナンパなんてしたことないけど、この非日常の中ならかわいいコにも余裕で声をかけて、相手も非日常感からなんとなく乗っかってきて、楽しくビーチで遊んでそのあとランチ、なんて妄想をちょっとでもした自分はなかなか痛い存在だ。
まあいい。そういう妄想を楽しむこと自体が非日常なのだ。

ビーチでやることが全くない

ビーチで寝転んでぼーっと雲でも眺めたかったけど、この黒い砂浜に寝転んでいてら周りから白い目で見られそう。
私も日本人、あまりにも場の空気を乱すようなことはとてもできない。

仕方なく、その辺の段差に座って波打際と空を眺める。
たまに波が来て海っぽい感じになるが、これはボートが通ったときに生じた波だ。
ザザーッという潮騒の音は聞こえてこない。
ちゃぷちゃぷ言っている。

まあでも、こんなとこでぼーっとしてるのも悪くないもんだよ。
非日常なのは間違いない。
残暑の太陽にジリジリ照らされて、それが意外と心地良い。

ちょっと海に足だけ入ってみたり、それすら恥ずかしくてすぐに出てみたり。

しばらくぼーっとして、釣りをしてる学生を眺めたりして、そろそろ飽きたので次の場所へ。

浜名湖にいるからうなぎを食べよう

お昼になったので、とりあえずうなぎでも食べるか。
浜名湖といえばうなぎでしょ。多分。
昼からうな重はそれなりに非日常だ。

スマホで適当に検索して、近くて食べログの点数がまあまあ高いところを見つける。
やっぱりスマホは便利だ。
スマホで調べずに、ふらりとその辺の小料理屋へ入る勇気は私には無い。
なんせぶらり旅初心者なもので。

非日常感のある風景を見ながら、徒歩10分ほどで目的地へ。
普段あまり写真を撮らない人間なので、お店の外観写真は普通に撮り忘れた。

店に入ると、生け簀もあってなかなか良さそうな店だった。
海鮮丼の誘惑にやられつつも、初志貫徹でうな重をオーダー。

なかなか肉厚で、脂の乗った食べ応えのあるうなぎだった。
ただ、ちょいちょい骨が引っかかった。

そもそも、よく考えると私はうなぎが好きではないのだ。
小さい頃は嫌いで、大人になってひつまぶしを食べて、「あらやだ。なんか美味しい」ってなってひつまぶしを好んで食べるようになったのだ。

骨がちょいちょい引っかかるうなぎを食べて、うなぎが嫌いだった頃をちょっと思い出した。
いや、味は美味しかったけどね。
ごちそうさまでした。

次の非日常がどこにあるのか探す

さて、ビーチは終わり、現地の名物を食べるというミッションも終わり、次は何をするか。

ひとり旅に慣れていないと、こういうところで何をしていいのか分からなくなる。
あてもなくうろうろ歩いても、きっと疲れるだけだ。
「◯◯散歩」みたいにはうまくいかないと思う。

とりあえず、目的は現実からの離脱だ。
なるべく非日常感のある場所、仕事から遠い場所がいい。

そんなことを考えながらスマホの地図で周辺情報を見ていると。
あった!日常の忙しさから遠い場所が。

それは、

 

 

 

 

 

そう、浜名湖競艇
私はギャンブルをするほうだが、競艇経験はない。

・初めての経験という非日常
・平日昼からギャンブルに興じるという解放
・普段接している人とは全く違う人種がいるであろうその空間
・何より、結構時間潰せそう

かなりの非日常体験ができると思い、いざ浜名湖ボートへ。

まず、外観に驚いた。なにこれ。

完全にリゾートホテルだ。
さすがにギャンブル場。儲かっているんだな。

中に入ると、平日昼間の割には結構人がいた。
もちろん、定年過ぎだおっさん、おじいさんばかりだ。

非日常フラグが幸運を引き寄せる

一通りうろうろして施設見学したあと、とりあえず勢いで舟券を買ってみることに。

以前に知り合いから聞いていたのは、

「競艇は圧倒的にインコース有利だから、インコースを買っておけばちょいちょい当たるよ」

ということ。

データの見方とか専門的なことはさっぱり分からないので、とりあえず2連単で1-3、3-1を買う。
なんとなく、1-2はあまりにもそのまま過ぎるので外した。

これが見事に当たって、初レースは4,000円の勝ち
やはり非日常。こんなことも起きる。

その後何レースかやって、競艇のノリがちょっとだけ理解できた。

買ってた艇が最初のターンでいきなりひっくり返ったり。
スタートを見たらなぜか5号艇が2コースにいたりして、そんなのずるいぜって思ったりしたり。
わけが分からんが、それも含めてちょっと楽しい。

競艇は1レースが30分サイクルだった。
何レースかこなしたら結構時間が経過したので、最後と決めたレースでちょっと大きめに張る。

これまでレースを見てきた限り、もう最初のターンでほぼ全てが決まってしまう。

そのターンで、自分が大きく賭けている2艇が先頭に。キタコレ。

途中で3位の艇が追いかけてきて冷や冷やするも、無事一番いい形でゴール。見事勝利!
13.7倍を当ててやったぞ!

トータルで3万円ちょっとのプラスで、大満足の結果に。
非日常パワーすごい!
ビギナーズラックと非日常の合わせ技で、なぜか日当を確保。
ぶらり旅、楽しすぎ!

次の目的地探し

時間は14:30。

今日の旅費は確保できてしまったので、このまま勝ち逃げ。
とりあえず浜名湖を離れて豊橋に戻る。

浜辺に寝転んでのんびりするつもりだったのに、いつの間にかギャンブルをして懐を暖めて帰ってくるというこの自由さ。
とは言え、運が悪かったら余計なストレスを抱えてたかもだけど。
結果オーライ。

豊橋のカフェで休憩しつつ、次の目的地を探す。

ギャンブルでご利益があったので、パワースポットである豊川稲荷へ行くことに決めた。

豊川稲荷でエネルギーを得る

いざ豊川稲荷へ。
電車で数駅なので、かなり近い。

私は信心深くないので、神宮と稲荷の違いすら分からない。
とりあえず神様がいるところなんだろう。
さっきギャンブルで勝ったし、感謝のお参りをしておくのは悪くない。

行ってみると、やはりなかなかのパワースポット。

結局、大きな神社とかって建物が古くて大きいから厳かさがあったり、樹木も樹齢が長いのが多いからなんとなく力を感じる。
この木々は、今川義元が桶狭間に向かう行列も見ているのだ(多分)。

逆光の影響でなんだか神々しい感じに。
写真撮影が下手なだけだけど。

お賽銭を投げ入れ、とにかく家族の安全と健康を願う。
こんなぶらり旅をしているが、私には嫁と子供二人がいるのだ。
明日からはまた日常に戻り、働かなくてはならない。

非日常を満喫して改めて思うことは、それはそれでたまには面白いんだけど、やはり日常の家族との生活は貴重なものだということだ。
普段は当たり前のように過ぎていく日常の中にこそ、きっと幸せがあるんだろう。

たまには思い切って非日常を体験するのもいいけど、何気ない日常を楽しんでいくことも重要。
そのためには、仕事も頑張らなくてはならない。

ストレスも発散できたし、自由も満喫できたし、お金も増えたし(笑)、地味だけどなかなか良い旅だった気がする。
日常生活をしっかり頑張ろうと決意を新たに。

日常へ帰還

帰りの電車に乗る。
心の充電は完了したので、元の日常へ帰る。

想像していたようなドラマはなにも起きなかったけど、それでもなかなか楽しい非日常の旅だった。
なんとなく反対側の電車に乗るだけで、これだけ違う世界が待っているのはとても不思議なことだ。

あなたもどうしても疲れているのなら、反対側の電車の旅、いかがですか?
日常ではなかなか見えなかったものも見えてくるかもしれません。

勇気さえ持てば、1日くらいのドロップアウトは誰もとがめませんよ。
事前調整だけは忘れずに。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

働く理由とは?お金?やりがい?みんなで働かなかったらどうなる?

就活生、新社会人にお送りする「働く理由」 みなさん、働いていますか?就職活動頑張っていますか?

記事を読む

ケアマネージャーの給料事例。僕の年収アップ事例を洗いざらい書きます

ケアマネージャーの給料事例。僕の年収アップ事例を洗いざらい書きます

普通に過ごしていると、なかなか給与が上がらない介護の世界 介護のお仕事を頑張っている皆さん、昇

記事を読む

有給取れない。休日出勤当たり前。残業地獄から抜け出して大逆転した話

ブラック企業で消耗していた日々 今から4年前、私は典型的なブラック企業で日々消耗していました。

記事を読む

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップにはコツがある? 「世間的には看護師は給料がいいと言われているのに、

記事を読む

転職の面接で落ちる理由と7つの対策!採用担当者の本音

転職の面接にはコツがある? 現在私は法人の代表ですが、独立する前に会社を4社経験しています。

記事を読む

転職は逃げなのか?「逃げ転職」は悪いこと?不利になるのか?

転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。

記事を読む

退職時の企業型確定拠出年金、脱退一時金?個人型へ移管?

企業型確定拠出年金はややこしい 昨今、退職金代わりに企業型確定拠出年金(401k)を導入する企

記事を読む

認知症ケア専門士の資格を持っている僕が、試験内容や給料事例を紹介

認知症ケア専門士の資格を持っている僕が、試験内容や給料事例を紹介

認知症への理解や対応って大変ですよね 「◯◯さん!立っちゃダメ!」 「もう夜中ですよ。早く寝

記事を読む

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門、それは書類選考ですね。

記事を読む

30代Webディレクターの転職とキャリアの成功について経験者が考える

Webディレクターのキャリアについて真面目に考えてみる こんにちは。web軍師です。 私

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人三期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に
VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に

剛毛ならVIOは回数無制限でしっかり脱毛 毛深い女のVIO。

セルライト解消はエステでプロに任せたほうが良い理由。効果を上げる方法
セルライト解消はエステでプロに任せたほうが良い理由。効果を上げる方法

セルライト、すぐにでも解消したいですよね 太ももやふくらはぎをぎ

湘南美容外科でメンズ全身脱毛した男が、口コミや効果、料金など完全解説
湘南美容外科でメンズ全身脱毛した男が、口コミや効果、料金など完全解説

湘南美容外科のメンズ全身脱毛ってぶっちゃけどうなの? 初めての全

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

注文住宅の外構見積もりが高い!20%以上安くする方法を紹介
注文住宅の外構見積もりが高い!20%以上安くする方法を紹介

注文住宅の外構費用って、高くて悩みますよね 「外構って、こんなに

シナプソロジーの効果!インストラクター資格を取得した僕が実態を解説
シナプソロジーの効果!インストラクター資格を取得した僕が実態を解説

シナプソロジーにはどんな効果があるのか シナプソロジーとは、”脳

大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話
大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話

大学生のわたしが銀座カラーを選んだ理由 大学生、それは「人生の夏

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的
転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門

妊娠中、生理中のエステは内容によってOK、NGがある。全て解説します
妊娠中、生理中のエステは内容によってOK、NGがある。全て解説します

妊娠中や生理中ってエステに行っていいの? 「妊娠中・生理中って別

レジーナクリニックの口コミや評判を検索しても全く意味がない理由

レジーナクリニックの口コミや評判を調べる人が急増中 脱毛をしたい

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑