まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

公開日: 転職・就職・キャリア

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

看護師になったこと、一度は後悔したことあるのではないでしょうか

「男の看護師って女性がたくさんいる職場で働けていいな。しかも白衣のナースだろ!羨ましい!」

私は時々、友人からこのような事を言われる事があります。
確かに男性看護師を外から見ていると、私も同じことを思ったかもしれません。

ただ理想と現実はずいぶん違います。

今では男性が多くなってきたとは言え、看護師は女性の職場です。
男性看護師がその中で働く事は、想像以上にタフな体力と精神力が必要です。
私自身、辛い思いはたくさんしてきました。

看護師になった事を後悔し、眠れずに悩んだこともありました。

しかし、周囲の人たちに助言をもらい物事を前向きに捉える事で、1つ1つ困難を乗り越えてきました。

今回は一つの事例として、男性看護師の私がどのように困難に取り組んで後悔を乗り越えてきたのか、具体的にいくつかの方法を紹介します。

「逃げられない」と一人で抱え込まないでください。

男性看護師として働いていく中で、多くの困難に直面する場面に遭遇します。
「なんで看護師になったんだろう」と悩むこともあります。

そんな時に私が取り組んできた事は、

一人で解決しようとしない

困った時に助けてくれる人と普段から関係を築いておく

上司が必ずしも助けてくれるとは限らない

専門の転職エージェントに相談する

です。

それでは、私の現場での体験を交えながら1つずつ紹介していきます。

スポンサーリンク

1. 一人で解決しようとしない

男性看護師として働く中で「どうして男性看護師になったんだろう」という場面は、1度や2度は必ずやってきます。

そのような状態の時は、精神的にもネガティブになっており物事を一人で考え悩みがちになります。

「どうしよう」と迷った時には、一人で答えを出さずにまずは周りの人を頼りましょう。
このように周りに相談する事で、解決できることも多くなります。

実例として「周りに相談しなかった」ことによって起こしてしまった私の失敗例を挙げます。
これは、私が看護師になって3か月目に起こした失敗です。

病院に勤務が決まった初年度、私は入職した病棟でも怖いと有名な女性の先輩看護師の下について仕事をする事になりました。
新人という事もあり、私はとにかく仕事を覚える事で精一杯でした。

また、先輩看護師が怖かったということもあり、仕事中は常に緊張していました。

仕事中、先輩に一度言われたことをまた聞いてしまうと、基本的には怒られるか無視されてしまい、その後も口をきいてもらえません。
そのため、私は言われたことをすぐにメモを取り1回で覚えるように努めました。

ただ、どう思い出しても教わってないこともあったのですが「言ったでしょ」と言われてしまい、反論することさえできませんでした。
そのため、私はその先輩看護師に「聞く」事を徐々にしなくなっていきました。

そんな中、私は3か月後にミスは起こしてしまいました。
夜勤明けで朝食を配る際に、朝食を食べてはいけない患者さんに朝ご飯を持って行ってしまったのです。

このミスの原因は、朝食を食べられない人にはトレーの上に目印の紙が置いてあるはずだったのですが、その紙が置いてなかった事、また私がその事に気づいていたのですが「おかしい」と思い他の人に相談しなかった事にあります。

私の中に「こんなことを聞いたら怒られるのではないか」という思いがあり、自分一人で判断をしてしまったのです。
少しでもおかしいと思ったら、誰に何を言われようと「質問する」という事が出来ていればこの失敗は防げていました。

幸いな事に、この患者さんの状態は悪化することなく事なきを得たのですが、私は先輩看護師からはとんでもなく怒られました。

さらに、私はこの先輩看護師に患者さんがいる病室に連れていかれ、他の患者さんがいる前で謝罪させられました。
また、同様に医師の前にも連れていかれ謝罪させられる事となりました。

この状況を見ていた看護師長は、私を気遣ってくれ色々と話を聞いてくれました。
そして、その後は他の先輩看護師について仕事をする事になったのでした。

2. 困った時に助けてくれる人と普段から関係を築いておく

困った時に助けてくれる人との交流を、普段からしておくことはとても大切です。

可能であれば、多職種とのつながりがある方がより良いです。
ここでは、どのような人と交流しておいた方が良いのかについて紹介します。

男性上司、男性同僚

普段から自分が困った時に助けれくれる男性の先輩看護師や上司との関係性を作っておくことはとても大切です。
特に男性の同僚や先輩からのサポートは心強いです。
同じ職場に男性看護師がいる場合、連携は常に取っておくと良いです。

外部の看護師

また、看護師の研修会に行った際には、他の病院や地域で働く男性看護師との交流が持てます。
ここでも積極的に話しをし、横のつながりを作っておくことも大切です。
今では、SNSでも男性看護師の集まりなどがあり、自分が勤めている職場以外の男性看護師とも交流がしやすくなっています。

自分が働いている病院や地域では当たり前の事でも「実は他の病院では違った」という事はよくあります。
そのためにも、外部の環境で働く看護師の視点は大切にしましょう。

看護師ではない職種

さらに、看護師ではない職種の方との関係もあればなお良いでしょう。

看護師同士だとどうしても視野が狭くなってしまう事があります。
悩み事がある時には、全く違う視点からの意見を聞くことも出来ます。

そして、一緒にご飯を食べに行ったり飲みにいったりなど、仕事を忘れてリフレッシュも出来るので良いですね。

3. 上司が必ずしも助けてくれるとは限らない

困った時に頼りになるのは上司、というのが一般的な意見です。
しかし、上司が必ずしも助けれくれるとは限りません。

ここでは、私の経験を交えながら上司との関わり方について紹介します。

仕事をしていく中で、自分だけの判断では対処できないトラブルが起こります。
そんな時、まず相談するのが自分の先輩や上司ではないでしょうか。

しかし、トラブルは予期していない時に起こります。

私の経験上「なんで今なの」っていう時に大きな問題が起こることが多いです。
そして、そういう時に限って頼れる先輩や上司がいないのです。

たとえ先輩や上司がいたとしても「助けてくれない」という状況もあります。
忙しさを理由にサポートを断ってきたり、ひどい時には「私には分かりません」と言われた経験も私にはあります。

なので、このような現状を想定しながら何か起こった時に「あなたを助けてくれる」人を作っておきましょう。
もちろん患者様のためでもあるのですが、これはあなた自身を守るためでもあります。

自分の上司を飛び越えて、その上の上司に相談する事になったとしても、状況をしっかりと説明して最悪の事態を防ぐように努めましょう。
私には「何で先輩である自分に相談しないで上の人間に言うんだ」と言われた経験があります(この時は私の先輩にもきちんと相談していたのですが・・・)。

最善の努力をしても、結果的に上司の怒りを買ってしまった場合、それはしょうがないことです。
もしそれが理由で嫌がらせをしてきたとしても、それに耐える必要はありません。
そんな時は迷わず職場の上の人間に相談し、所属を変えてもらうか転職も視野に入れて行動しましょう。

4. 解決できない場合は、専門の転職エージェントに相談する

困った時に頼れる人に意見を求めるのはとても大切です。
しかし、それでも解決しない場合には、看護師専門の転職エージェントに相談しましょう。

困難を解決しようと、できる所まで頑張ってみるのも大切ですが、無理のし過ぎは禁物です。
ここでは、転職も視野に入れた考え方について紹介します。

私自身経験がある事ですが、同じ職場の看護師の先輩や同僚に転職についての話をさりげなくしてみると「お前は何を言っているんだ」みたいな雰囲気になった事があります。
これは、男性看護師であってもしかりです。

看護師ではない私の友人や知人に仕事の悩みや転職について相談したこともありますが、私が納得するような答えは返ってきませんでした。

そんな時に相談する相手として「看護師専門の転職エージェント」という選択肢を持っているのは、これからの人生について考える時に強みになります。

「看護師の転職をサポートする人材派遣会社なんて、看護師をどっかの病院へ入れたいだけでしょ」と思われている方がいるかもしれません。
中にはこのような会社がある話も聞いたことがあります。

しかし、私が関わった人材派遣会社の担当者は、看護師のことをもっと理解しよう、と自分自身で参考書を買いながら看護の勉強をしていました。
外部のセミナーにも参加し病気の勉強もされていました。

「過去に看護師さんの転職を担当したときに、看護師さんの言っていることが全く理解できず悔しくて勉強を始めました」とその担当者さんは話されていました。
担当者の方の一生懸命な思いがひしひしと伝わってきました。

さらに言うと、病院など看護師を必要としている採用側は、看護師を一人採用するために約100万円の求人広告費を使っています。

一般的な会社で社員を一人採用するのにかかる広告費が約40万円である事と比べると、看護師採用には2倍以上の広告費がかかっているのです。

求人広告費は「どうしても看護師が欲しい」という気持ちの表れでもあります。
このような思いを受けた転職エージェント側は、病院側の気持ちに何とか応えようと真剣になります。

看護師の中でも男性看護師は絶対数が少なく貴重な存在です。
男性看護師の転職となると、取り合いが起きているのが現状です。

そのため、転職エージェントが行う男性看護師へのサポートは非常に充実しており、男性看護師が持つ悩みや希望に対して親身に応えてくれます。

私が転職した時は、最終的にはリクルートの看護師転職サイトを使って転職が決まりました。
「ナースフル」というサイトです。
その他にも「マイナビ看護師」「ナースではたらこ」にも登録して話を聞きました。

マイナビ看護師公式サイト

ナースではたらこ公式サイト

転職して環境を変えると解決することはたくさんあります。
行き詰まりを感じたら、専門エージェントにまずは登録・相談して情報を集めるところから始めるとよいと思います。

無料ですし、登録は簡単です。
希望の働き方や地域、プロフィールを入れればOKです。

あと複数のエージェントに登録するのは必須ですね。
いくら専門のエージェントとはいえ一人の情報だと偏ってしまうので、複数人からの意見を聞いて客観的に判断するのが大切です。

まとめ

私は何度も「なんで看護師になったんだろう」という思いと向き合ってきました。
「看護師を辞めたほうがいいんじゃないか」と考えたこともありました。

そんな時私は、自分一人で答えを出すのではなく、周りの人に相談し助言をもらう事で乗り越えてきました。

迷ったら一人で解決しようとせずに、まずは周りの人に相談してみましょう。
そして、転職についての相談は、その道のプロである転職エージェントに相談しましょう。

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

働く理由とは?お金?やりがい?みんなで働かなかったらどうなる?

就活生、新社会人にお送りする「働く理由」 みなさん、働いていますか?就職活動頑張っていますか?

記事を読む

会社を辞めたい新入社員は我慢せずに3ヶ月で辞めればいい

新卒が辞めるのを批判する正論記事、多すぎない? 4月入社の新卒の皆さん、元気に会社に通っていま

記事を読む

年収を上げるには?私が実践した超具体的な方法6つを詳しく紹介

年収を上げる具体的な方法は意外と少ない!? 「もう少し年収を上げたい!どうしたら年収は上がるん

記事を読む

失敗しない転職!初めての転職に悩む人の質問17個に答えてみる

初めての転職の悩みは深い。失敗したくない 私は3回転職して、計4社経験しています。 今は独立

記事を読む

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

転職エージェントのdoda(デューダ)の面談を2回の転職事例含めて解説 転職のスタートは、転職

記事を読む

男性看護師の収入、年収。私や同僚の具体例を赤裸々に書きます

男性看護師のリアルな年収や、給与がアップした実体験を紹介します 「男性看護師として働いて数年経

記事を読む

就職活動と恋愛は同じ?6つの共通点から成功する秘訣を探る

就職活動と恋愛の構造はかなり似ている みなさん、就職活動頑張っていますか? なかなかうまくい

記事を読む

有給取れない。休日出勤当たり前。残業地獄から抜け出して大逆転した話

ブラック企業で消耗していた日々 今から4年前、私は典型的なブラック企業で日々消耗していました。

記事を読む

 

JACリクルートメントの評判!リクルートエージェントなど他の転職コンサルとの比較

JACリクルートメントは希望に沿った会社を紹介してもらいやすい JACリクルートメントってリク

記事を読む

アラサー女子の人付き合いはめんどくさい!特に既婚と独身の溝で消耗する

アラサー女子の人付き合いはめんどくさい!特に既婚と独身の溝で消耗する

女の世界はやっぱり難しい 本格的なアラサーになって最近心を悩ましているのが、人付き合い。

記事を読む

ミュゼ

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

「大喜利の力!」第3回レース(2020年春の陣)の結果発表!!

大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま

医療脱毛とエステ脱毛の違い。効果は全然違う?どっちがいいの?

医療脱毛、クリニック脱毛って何なの? あなたは現在全身脱毛をして

子どもの英語教育、自宅で手軽に始めるならこれ!おすすめのキッズ動画

子どもの英語教育は自宅でお金をかけずにできる 子どもの英語教育、

「大喜利の力!」第2回レース(2020年冬の陣)の結果発表!!

大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま

「大喜利の力」傑作選!笑ってコロナを吹き飛ばそう!

コロナの影響により不要不急の外出がためらわれる現状。 SNS

no image
コロナショック後の日経平均&ダウの株価予測。投資歴17年のトレーダーが解説

相場が荒れまくっています。 名称はもうコロナショックで良いのでしょう

妊娠中~授乳中のノンカフェインはどれが良い?ルイボスティーがおすすめな理由

妊娠中~授乳中のノンカフェイン選び、悩みました 妊娠中~授乳中の

ミュゼ100円は本当?料金の仕組みとからくりを暴く【体験談あり】

ミュゼはなぜ100円で満足するまで脱毛できるのか? これを書いている

no image
人生の幸福の7割は公園にある(花粉症の人は残念)

結局、幸せってなんだろう? 幸せはどこにあるんだろう? 知っていま

ストレス発散方法が分からない!子育て中・育休中ママになった私が解決した方法

専業主婦・育休中ママは息抜きさえ難しい! 子供が小さいうちって、

→もっと見る

PAGE TOP ↑