40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする

公開日: 転職・就職・キャリア

40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする

転職を考えている40代女性へ

今の仕事に満足していますか?
定年まで今の会社で勤めることができますか?

この質問に、確信を持ってYESと答えられる人は少ないのではないのでしょうか。

会社と家の往復を繰り返しながら、このままでいいのかと自問する。
今のところ仕事は安定しているからと、言い聞かせてもボンヤリした不安は消えない。
でも転職という行動には、踏み出せない。

わたしも2回目に転職したときは、このような状態でした。

40過ぎの女だから、そんなに転職先もないだろうと思い込んでいました。

当時は大企業に勤めていたので、この安定を手放して良いのかという気持ちもありました。

けれど40歳という年齢も、女性であるということも、いざ転職に踏み出してみると全く障害にはなりませんでした。

振り返ってみると、もっとも転職の障害になったのは、自分のメンタルブロックでした。

これさえ早めに外していれば、もっと有利な転職ができたかもと後悔しています。

当時のわたしと同じ状況の方の参考になるように、どんなメンタルブロックがあったのか、どうやってそれらを外して転職に踏み切ったのか書いておきます。

スポンサーリンク

変化することが怖かった

転職前の私は、ゆるふわホワイト企業で毎日ルーチンワークをしていました。

辛いことも楽しいこともない、のっぺりした毎日。
変化したい気持ちはありましたが、こんなぬるま湯は他にないだろうと、他の環境に移動することが怖いと感じていました。

一方で、ひどく焦ってもいました。

会社の寿命が人間の寿命より短い時代です。
このまま60歳定年まで、ぬるま湯が続くか不安でたまりませんでした。

自分で言うのもなんですが、当時の会社で仕事はできた方だったと思います。

では一体なぜ「仕事ができるのに、他で通用しないかも」と、恐れるのか自問自答する日々でした。
毎日考えているうちに、答えが見つかりました。

会社で有能とされる人間は、会社によく洗脳された人間なのです。

一つの会社にいる期間が長くなればなるほど、その会社での業務知識が蓄えられるので、その会社では有用な人間になります。

しかし、洗脳が強くなり、他では通じない人間にどんどんなっていってしまうのです。

長い目で自分らしく生きたいなら、会社に左右されないよう、変化に対応する力をつける必要があるのです。

これに気づいた瞬間に、変化することへの恐怖はなくなりました。

40代はもう年寄りと洗脳されていた

40代は体力・気力が衰えるので、新しいことにトライするのは難しいと考えていました。

長年働いた会社を辞めて、新しい企業風土や仕事に馴染んだり、人間関係を一から構築するのは、もう無理かもしれないと。

でも自分を冷静に棚卸してみると、週2回ジムに通って、フルマラソン完走するレベルの体力もあるし、仕事に対しての粘りもあるし、体力・気力ともに20,30代の時より充実しているのです。

「40代は体力・気力が衰える」っていうのは、日本の「若さに価値をおく文化」に毒されているから出てくる考え方なんです。

あなたは自分で自分のことを「もうおじさん、おばさんだから・・・」と卑下したことはないですか?

「年だからもう無理だなぁ」、「若い人には敵わないなぁ」なんて言ったことはないですか?

これはまさに「若さに価値をおく文化」の呪いを自分で強化しているのです。
新しいことにトライできるかどうかは、年齢ではなく単に考え方の問題です。

実際にわたしが、ゆるふわホワイト企業で退職の意向を伝えたとき、こんな反応がありました。

20代:
新卒からずっとここで働いているから、ここで頑張るしかない。

30代:
嫁と子供がいるから、リスクは取れない。

50代:
年を取ると、安定した環境から出ていけない。

言ってるセリフはそれぞれ違うけれど、全員何かしらの理由をつけて変化してすることから逃げてるんですよね。

何歳でも保守的な人は保守的です。
年齢は関係ありません。

40代の転職成功率は確かに低いです。
書類選考の通過率は8%と言われています。

ただ、統計上の傾向が全て自分に当てはまるわけではありません。
実際にはスキルマッチすれば年齢枠を超えても採用されることもあります。

わたしも実際に20〜30代を募集していた企業に41歳で入社しましたしね。
年齢を理由にあきらめる必要なんてないです。

日本の「若さに価値をおく文化」の呪いは少しずつ溶けつつあります。

なぜなら、少子化のあおりを食らって、企業も労働力の獲得に必死なので、優秀な人材なら年齢問わず採用したいと考えるところが増えてきているからです。

ライフプランが古かった

わたしは60歳で定年になるライフプランを描いていました。

だから30後半に、ゆるふわホワイト企業に入って、定年までまったり甘い汁をチューチュー吸って生きていこうとしたのです。

60歳定年なら、20〜30代でスキルを蓄積し、40代で組織で何らかの役職につき、50代は緩やかに老害化することができました。

しかし、年功序列制度は崩壊し、大企業にはもう社員を守る体力はなく、年金制度はアテになりません。

60歳定年のライフプランはもう成り立たないのです。

55歳以上の年金逃げ切り世代はともかく、それより下の世代は恐らく90歳近くまで働く必要があるでしょう。
それを考えると、40歳はセカンドキャリアに向けて学び直しをする時期なのです。

40歳で転職した人は、確かに周りにあまりいませんでした。
しかし、時代が大きく変化している今、参考にするべきロールモデルが周囲にないのは当然といえば当然です。

これに気づいた瞬間に、わたしは転職エージェントに申し込みました。
ロールモデルがないなら、自分で好きにデザインしてしまえばいいのです。

あなたは、どんな人生をデザインしますか?

まとめ

人生を変えるには行動しかありません。いつだって今が一番若いのです。

行動を起こすのは早ければ早いほどいい。

なぜなら失敗→改善のサイクルを人より多く回すことができるから。

そのサイクルをどんどん回して行くことで、自分のなりたい姿に少しずつ近づいていけるのです。

40代だから、女だからと不安になって、転職に踏み込めない気持ちはわかります。

わたしもそうだったから。

でも不安は頭の中にあるときに一番強い力を持つのです。
自分の持っているメンタルブロックを外していって、怖いながらも転職という行動に踏み切ったら、不安はいつの間にか消えていきました。

理由をつけて行動を起こさないなら、不安はどんどん大きくなり、人生の質はどんどん下がっていきます。

あなたは、今の人生に満足できず、ぼんやりした不安を抱えて生きていきますか?

それとも、新しいことにチャレンジして、自分が幸せと思える人生をデザインしていきますか?

↓以前に私が書いた転職記事です。40代女性が転職市場で勝つための戦い方があるんです。

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門、それは書類選考ですね。

記事を読む

就職活動と恋愛は同じ?6つの共通点から成功する秘訣を探る

就職活動と恋愛の構造はかなり似ている みなさん、就職活動頑張っていますか? なかなかうまくい

記事を読む

仕事疲れた辞めたいときは通勤電車を逆方向に乗ってみる、を実践してみた

仕事に疲れたら「非日常」で精神を回復させる 「もう仕事疲れた。辞めたい。会社に行きたくない」

記事を読む

失敗しない転職!初めての転職に悩む人の質問17個に答えてみる

初めての転職の悩みは深い。失敗したくない 私は3回転職して、計4社経験しています。 今は独立

記事を読む

転職の面接で落ちる理由と7つの対策!採用担当者の本音

転職の面接にはコツがある? 現在私は法人の代表ですが、独立する前に会社を4社経験しています。

記事を読む

有給取れない。休日出勤当たり前。残業地獄から抜け出して大逆転した話

ブラック企業で消耗していた日々 今から4年前、私は典型的なブラック企業で日々消耗していました。

記事を読む

会社を辞めたい新入社員は我慢せずに3ヶ月で辞めればいい

新卒が辞めるのを批判する正論記事、多すぎない? 4月入社の新卒の皆さん、元気に会社に通っていま

記事を読む

転職は逃げなのか?「逃げ転職」は悪いこと?不利になるのか?

転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。

記事を読む

大企業に就職することの本当のメリット5つ、デメリット5つ

就職活動は人生の大きな分岐点 新卒の就職活動というのは、多くの人にとって初めての大きな決断のタ

記事を読む

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップ。私が実践してきた具体例4つを解説

男性看護師のキャリアアップにはコツがある? 「世間的には看護師は給料がいいと言われているのに、

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人四期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】散歩
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

複数のライターで更新する形にしました。
執筆メンバーのプロフィール

脱東京を目論む私が地方移住の失敗パターンをひたすら調べたので紹介する
脱東京を目論む私が地方移住の失敗パターンをひたすら調べたので紹介する

地方移住の失敗パターンって? 毎日の地獄のような通勤電車。

コロリーの評判。勧誘がかなりきついけど全身脱毛の料金が安いのは間違いない
コロリーの評判。勧誘がかなりきついけど全身脱毛の料金が安いのは間違いない

コロリーの全身脱毛は月額890円とかなり安い 全身脱毛サロン、コ

doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説
doda転職エージェントの評判!私の面談の詳細、担当者変更した実例も解説

転職エージェントのdoda(デューダ)の面談を2回の転職事例含めて

介護士のボーナス平均は年間55万円!?調査結果とリアルな僕の支給額
介護士のボーナス平均は年間55万円?調査結果と僕のリアルな支給額

介護士の平均ボーナス支給額っていくらだと思いますか? 厚生労

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

築20年マンションを高値で売却した私の事例。今売るべき理由【2018年8月】
【2018年9月】築20年マンションを高値で売却した私の事例。今売るべき理由

築20年のワンルームマンションを1400万で売却できました 築2

まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法
まだ後悔してるの?男性看護師になった私が「こんなはずじゃなかった」を乗り越えた方法

看護師になったこと、一度は後悔したことあるのではないでしょうか

介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く
介護職の人間関係で辞めたい。経験者が解決方法を全部書く

介護職の人間関係で悩んでいる人は多いんです 介護現場の人間関係は

元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数
元エステティシャンが断言!フェイシャルエステの最適な頻度と回数

フェイシャルエステって、いつ・何回行くのがベストなの? フェイシ

リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説
リクルートエージェントの面談完全マニュアル。3回の成功転職を勝ち取った私が解説

リクルートエージェントで登録・面談を受けて転職が決まった私の体験談

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑