ミスチルのHEROを歌うとお父さんは感情移入して泣いてしまう

公開日: 政治・経済・世の中

baby7

HEROはお父さんの気持ち代弁ソング?

私はカラオケ世代、ミスチル世代ですので、カラオケに行くと今でもミスチルを歌ったりします。

数多くあるミスチルの曲の中で、「HERO」という曲をご存知でしょうか?
シングル曲なのでミスチルを知っている人なら大体知っていると思います。

で、この曲をたまにカラオケで歌うんですが、今の私は最後まで普通に歌いきれません。
毎回、感極まってうまく歌えないのです。
多分、小さな子ども(特に息子)を持つお父さんなら共感いただけるでしょう。

今回はお父さん殺しの曲「HERO」についてちょっと掘り下げてみます。

文章の受け取り方は様々でOK

まず最初に、私はたまに歌詞分析をしたりしますが、作詞家の意図や背景を探ったりすることは余りしません。

私も文章を書くタイプだから分かりますが、文章なんて様々な読み手が様々な価値として自由に受け取ればいいんです。
ただ一つの正解が用意されているわけではないし、筆者もあえて複数通りに読み取れるように書いたりすることもありますよね。

ですので、この曲が「誰に向かって書かれているのか」などの詮索や類推はあまり意味が無いと思います。

独身時代は泣けなかった

私としては、結婚前はこの曲のイメージとして「彼女」がいました。
「彼女」にとってたった一人のHEROであればいい、という解釈ですね。

人生をフルコースで深く味わうための
幾つものスパイスが誰もに用意されていて
時には苦かったり
渋く思うこともあるだろう
そして最後のデザートを笑って食べる
君の側に僕は居たい

この部分があるからこそ、彼女というイメージができるんですよね。
最期のときも笑って一緒に迎えたいという。

この解釈のときは別に泣けなかったんです。
特に深掘りせずに普通に歌ってました。

なんか勝手にイメージが息子に代わった!

その後結婚して息子が生まれ、成長し、3歳くらいを迎えたとき、改めて歌ったらイメージが勝手に息子に置き換わりましたよ。
そして、そのイメージがあるともう全然歌えないんです。
泣いてしまうんですよね。

例えば誰か一人の命と
引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ

愛すべきたくさんの人たちが
僕を臆病者に変えてしまったんだ

私はもともと生い立ちや家庭環境の影響もあり、自分の死を軽んじているところがありました。
別に年老いて死んでも、今死んでも同じだよっていう。

死に対する怖さはあまり無かったですし、それ以上にダラダラと続くような生に対する恐怖感のほうが強かったんですよね。

若いころの私は、「ダラダラとサラリーマンをやるくらいなら、死を賭けて起業したほうがいい!」という暑苦しいことを言うタイプでしたw
というか、この前大学の連れと飲んだ時にそんなこと言ってたよって言われて恥ずかしくなりましたよ。

そんな私ですので、若いころは歌詞の通り、自分の命と引き換えに世界を救えるなら名乗り出るタイプの人間でした。
目立ちたがり屋でしたしね。

でも、今はもう無理です。
歳を重ねて人間が丸くなったというのもあるんですが、それ以上にもう歌詞の通りなんですよ。

家族ができ、子供ができると多くの人は実感すると思いますが、もう「死ねない」んですね。
死ねない。死ぬわけにはいかない。
意地でも何とかしなきゃいけない。

これが生物に与えられた使命というか、人間としての尊厳というか。
臆病になるのは当然なんですよね。

全能感のあった若かりし頃

小さい頃に身振り手振りを
真似てみせた
憧れになろうだなんて
大それた気持ちはない
でもヒーローになりたい
ただ一人 君にとっての
つまずいたり 転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ

若いころというのは、ある種の全能感があります。
特に自信のある人間には。

私も自信過剰タイプの人間だったので、もともとは大それた気持ちがありました。
日本をコントロールしたい!くらいの野望はありましたよw

しかし、歳をとってくるとそういう大それた気持ちも薄らいでいき、「自分の見える範囲の人が幸せであればいい。幸せにできるように努力したい」と思えるようになります。

世の多くのお父さんが抱えている理想はこれだと思います。
嫌な会社に毎日遅刻せずに向かえるのもこのエネルギーが根源でしょう。

もう、みんなから憧れられる必要なんてない。というか無理。
ただ唯一、自分の子供(特に息子のほうがイメージしやすいような)にとってのHEROでありたい。

つまづいたり転んだりというのは物理的なものだけを表しているわけではないと思いますが、子を持つ親なら物理的なイメージが勝手に湧いてしまいます。
転んで泣いてる自分の息子が勝手に浮かびます。

子供に何かあったとき、HEROとして助けたいんですよね。
でも、死ぬわけにはいかない。その後もあるので。

君のそばに居れるのか?

人生をフルコースで深く味わうための
幾つものスパイスが誰もに用意されていて
時には苦かったり
渋く思うこともあるだろう
そして最後のデザートを笑って食べる
君の側に僕は居たい

息子をイメージすると、ここだけ共感しにくい。
お前、どんだけ生きるつもりやねん!ってなる。

というか、息子病気?自分の息子を看取るなんて悲しすぎるじゃないか!となるね。

ただの日常に幸福感を感じる

残酷に過ぎる時間の中で
きっと十分に僕も大人になったんだ
悲しくはない 切なさもない
ただこうして繰り返されてきたことが
そうこうして繰り返していくことが
嬉しい 愛しい

そうなんですよ。時間はどんどん過ぎていく。

自分の自己イメージとしては、自分の意識なんて20代後半くらいで止まってるイメージ。
あの頃と何も変わっていない、成長していない。

でも、実際には自分も家族ができて大人になっている。

ダラダラとした日々に嫌悪感を感じてたはずの自分も、ダラダラとした家族との日常に充実感を感じるようになった。
若いころは価値や目的が必要だったけど、今はもうそれが必要なくなった。
人間、変わるもんですね。

お父さんの哀愁

ずっとヒーローでありたい
ただ一人 君にとっての
ちっとも謎めいてないし
今更もう秘密はない
でもヒーローになりたい
ただ一人 君にとっての
つまずいたり 転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ

ちっとも謎めいてない世の普通のお父さん。
とてもHEROとは言えないルックスのお父さん。

でも、やっぱりただ一人、自分の子供にとってはHEROでありたいんですよね。
困難があったら颯爽と現れて助けたい。

何ともお父さんの哀愁が込められている歌詞だと思いますね。

ただ、これを書いている桜井さんは特別な存在であり、HEROなんですけどねw

まとめ

ミスチルの歌詞は、良くも悪くも面白い歌詞が多いです。
改めて読んでみると新たな発見があるかもしれませんよ。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

自分の意思で物事を決められない人は意外と多い。副業や投資は慎重に

自分で決めるってのは意外と難しい 個人の収入を増やすために、副業や投資をするのが当たり前の時代

記事を読む

移民政策問題、受け入れ反対の声、メリット、デメリット

何のための移民政策なのか? 突然ですが、あなたは移民政策について賛成でしょうか?反対でしょうか

記事を読む

男の人生と女の人生について。女の人生がイージーだってホント?

男の人生と女の人生を考えてみる 男の人生は難しい。 同世代を見ても、男と女では仕事に対する意

記事を読む

学歴は人生に必要なの?関係ない?学歴と仕事力の関係を解説

学歴がいいと今の時代でも得をするの? 今更ですが、学歴と仕事の相関関係について書いてみます。

記事を読む

保険、年金の仕組み!損をする人、しない人

保険は知らないと大きく損をする商品 みなさん、保険に加入していますか? 20代、30代という

記事を読む

2014年世界長者番付、1位に返り咲いたのはあの人

2014年版の世界長者番付が発表!果たして1位は? 前回に引き続き、フォーブス誌より発表されま

記事を読む

2014年日本人長者番付、1位は誰?孫さんは?柳井さんは?

2014年の日本人長者番付が発表されました 2014年版の長者番付がフォーブス誌より発表されま

記事を読む

大黒摩季の「夏が来る」が大好き!歌詞の意味を勝手に解説

歌詞解説シリーズ第二弾 夏、真っ盛りです。暑い。 大黒摩季の「夏が来る」という曲がありま

記事を読む

食べログの素人批評に「ムカつく」「イライラ」「店側に不利」の声

飲食店検索サイト、皆さんは何を使っていますか? レストラン、飲食店の検索、評価サイトとして、「

記事を読む

2013年世界長者番付、1位~10位を振り返る

世界の大金持ちは、どんな仕事をしているのか? さて、以前の記事で「2013年日本人長者番付、1

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人三期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

「薄毛の髪型30選!」みたいな記事にハゲとして物申したい

「薄毛の髪型30選」だって???? 「薄毛の髪型30選!」みたい

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

Iライン処理、Iライン脱毛の本気悩み40個にプロが丁寧に答えてみる

Iライン系の悩みは人に聞きにくい 多くの人は悩み事があったらまず

全身脱毛男が断言!男のすね毛処理は除毛クリームではなく医療脱毛
全身脱毛男が断言!男のすね毛処理は除毛クリームではなく医療脱毛

男のすね毛処理には医療脱毛がベストなんです すね毛の破壊力はすさ

ブログ・アフィリエイトで結果が出ない人の失敗パターン50説

結果が出ない人にはパターンがある 先日、某会にて「初心者向けのア

転職 40代 IT
IT業界40代で転職に成功した私が考える、本当に必要なスキル5つ

IT業界40代でも転職は可能なんです IT業界では35歳転職限界

外構工事(エクステリア)の相場。地域の相場よりも安く施工する方法
外構工事(エクステリア)の相場。地域の相場よりも安く施工する方法

外構工事の相場って地域によって違うんです 相場を知るって大事です

大黒摩季の「夏が来る」が大好き!歌詞の意味を勝手に解説

歌詞解説シリーズ第二弾 夏、真っ盛りです。暑い。 大黒摩季

すね毛が剛毛な女が断言!脱毛クリームではなく素直に脱毛に通うべき
すね毛が剛毛な女が断言!脱毛クリームではなく素直に脱毛に通うべき

剛毛なすね毛って本当に手強いんです 毛深い女は今でも忘れません。

40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする
40代女の私が転職に踏み切った理由。不安と向き合い人生をデザインする

転職を考えている40代女性へ 今の仕事に満足していますか? 定

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑