関節の痛みの原因は何?病院でも分からない?30代の健康維持について考える

公開日: 生活・行事・季節

itai

やばい痛みに襲われています

この記事を書いている現在、左膝関節と背中内部の激痛に悩まされています。マジで痛い。

というか、痛みが強すぎて眠っていても夜中に何度も起きてしまい、横になっている状態が苦しく、しょうがないので起きてパソコンに向かい痛みの腹立たしさを記事にぶつけて発散しようとしています。

現在私は36歳、年齢的にはアラフォーと呼ばれる世代に差し掛かってきました。

同年代の方は共感いただけるかもしれませんが、これくらいの歳になると常に体のどこがが痛いです。
とくに節々が痛い。おっさん丸出し!

「どこも痛くない!いたって健康!」

こんな嬉しい状態になれることはほとんどありません。
もちろん、そんな状態のときはそれが当たり前になってしまうので、忘れているだけかもしれませんけどね。

普段、それなりに健康には気を使っているつもりです。
運動もして、食事も気を使い、サプリなんかも摂取しています。
それでもやっぱり痛いものは痛い。

今回は、自分でも悩んでいるアラフォーの健康維持について、どのように対処すべきか書いてみたいと思います。
後ほど詳しく書きますが、病院に行っても解決できないんですよね。

スポンサーリンク

いったい何をしたのさ?

ところで、私は現在なんでこんな激痛と戦う羽目になってしまったのか?
その原因は何なのか?

これが残念なことに「これ!」という原因が突き止められていないから困っているんですよ。
一言で言ってしまうと、これが年齢、加齢なのかもしれません。まじつらい。

以前から感じていたこととして、東京に出張に行くと結構な確率で足が痛くなります(私は名古屋在住)。
特に足の裏が痛くなりますね。

東京に行った次の日くらいに現地で痛くなることもありますし、名古屋に帰ってきたあと痛むことも多いです。
何となくむくんでいる感じもする。

最初は「歩き過ぎ」を疑っていたんですが、私は健康のためもあって普段から結構長距離散歩をしているんですよ。
5km~10kmくらいを時間をかけて歩きます。

なので、出張先で歩くことが多くなるとはいえ、普段よりそれほど増えているとは思えないんですよね。
散歩では歩いたあと、痛くなったりむくんだりすることはほぼないです。

立つことすらできない

今回は足の裏だけでなく、膝に痛みがきてしまいました。
膝の関節なのか何なのか、とにかくやばい痛みです。

特に膝を痛めるような出来事はなかったと思いますが、座っているときに足を組んでしまう癖がありますので、その辺でダメージを受けたのかも。

こんなこと書いていると私が何だかとても太っている印象を受けると思いますが、172cm65kgなのでびっくりするくらい標準体型です。

今回の左膝の激痛はひどく、出張から戻ってきた初日の夜、寝ているときに激痛で目が覚めたレベルでしたよ。
全く立つことができず、手とお尻を床について少しずつ移動しながら1階まで降りてロキソニンを飲むような状態。
痛み止めを飲んで、ようやく少し落ち着いたら少しだけ眠れるというレベル。何なのこれ。

さらにアラフォーの悲しいところとして、1箇所痛むとそこをカバーする動きをするあまり、他の箇所が痛くなります。
今回は左膝痛で寝返りを打つことができず、気づいたら背中右側の筋肉?をかなり痛めてしまいました。
現在はコチラのほうが痛いです。

ちょっと体を捻じれば痛みが走るし、内臓が痛んでいるような嫌な感じもありますよ。
背中の鈍痛って内臓の怖さもあるんですよね。
多分外傷だと思うんですが。

エコノミークラス症候群なのか?

普段はあまり痛くならないけど出張するたびに痛くなる要因として、「深酒+エコノミークラス症候群」を疑っています。
出張先の夜は大体飲みますし、それなりに量を飲みます。
ただ、地元名古屋で飲んだときはそんなに痛むことはない。

なので、新幹線移動によるエコノミークラス症候群の可能性もあるんじゃないかなーと。
というか、それを疑わないともう何も疑う余地がないんですよね。

ただ、東京-名古屋間は2時間かからない程度なので、普段仕事をしていても2時間位座りっぱなしなんて日常茶飯事のはずなんですけどね。

原因は分からない

上記の文章を書いた後、整形外科に行ってきましたが、やはり原因は特定できず。
レントゲンを撮っても異常はなく、医者としてはそんな短時間でエコノミークラス症候群になることは考えにくいし、もしなっていたらふくらはぎがパンパンに腫れ上がりますよーとのこと。

医者に行くと毎回思いますが、原因って結局全然分からないですよね。

というか、そもそもどの病院に行くべきなのかっていつも迷います。
今回も何となく整形外科に行きましたが、痛みの要因が外科要因なのか内科要因なのか分かりません。
とりあえず痛いから整形外科に行ってみたという感じ。

で、レントゲン検査で異常なしと診断されたわけですが、こういうのを経験すると「がんの早期発見とか無理じゃね?」といつも思いますよ。
「ちょっとでも違和感を感じたら病院へ」なんて言いつつ、いざ言ってみると「分かりません」ばかりですからねー。

膠原病、リュウマチを疑われる

この記事を書いてから半年後、またもひどい膝関節の痛みに襲われたので、今度は総合病院に行きました。

で、医者から「膠原病」「リュウマチ」の可能性を疑われ血液検査などしっかり検査しました。

結果はもちろん「異常なし!!」
やっぱり!

結局は湿布を張ったり、痛み止めを飲んだりでごまかし、日にち経過で解決という感じです。
なんだかなー。

あ、上記で書いた東京出張で足の裏が痛くなるやつ、これは、

「アルコール筋症」

の可能性が高いと思いました。
完全に自己診断ですが、症状と原因が非常に類似しているので。
ようやくそれっぽいのが見つかり、ちょっと安心。

アラフォーの健康維持で思うこと

そろそろ私の近況話は置いといて、アラフォーの健康について。

私が最近感じているのは以下の2つです。

・常にどこか痛い。それはそういうモノだと受け入れる
・原因なんて分からない。医者はそれを解決してくれない。

こんなところです。
何の解決にもならない、身もふたもない話ですが。

痛いのを受け入れる

まず、痛かったり調子が悪かったりするのはもうしょうがないんだろうなーと。
それが少しでも改善したり、老化を弱めるための努力は必要だけど、年齢には逆らえないだろうなーと思っています。
なんだこのおじいさんみたいな文章は!

でも、実際そういう部分はあると思いますよ。
私は「人が死ぬ」という分野について色々研究したり事例を見たりした経験が結構ありますが、我々は「生と死」について、なんとなく「1か0」というイメージを持っています。
まあ、当然といえば当然。
「生きている」という状態と「死んでいる」という状態は全く違いますからね。

でも、歳をとって老衰していく人を見ていると、実は生と死は明確な境があるというよりは、「徐々に死んでいく」ような状態だと感じます。
もちろんどこかに境を作らないと色々まずいので明確な境を決めているわけですが、実際には生きながら死んでいっているような状態ですよね。

徐々に喋れなくなり、食べられなくなり、呼吸すら薄れ、意識もあるのかないのか分からないような状態。
体の一部も生きているのに既に腐り始めますよね。
誤解を恐れずに表現するならば、「死にかけている状態」だと思います。

これを拡大解釈すると、アラフォーの体が痛んでくることも、「死にかけている状態」のようなもんだと思っています。
なので、それを受け入れた上で、如何に死を遠ざけるために努力するかがカギなんじゃないかなーと。
我々は日々少しずつ死んでいっているんです。

結局、原因なんて分からない

もう一つ、原因が分からないという点ですが、大きく言えば上記の通り「老化」「死んでいっている」ということなんでしょう。
ただ、直接的な原因は意外と分からないんですよね。

我々は科学や医療を過信していると思うんです。
でも、実は医療なんて分からないことだらけなんですよね。

というか、医療はやはり「死に直結する部分を改善すること」に力を注いでいるので、その手前の段階ってあまり興味を持ってくれないですよね。
こちらとしては痛みの原因とか知りたいんですが、「重大性が低い」と判断されると結構いい加減な回答しか出してもらえません。

「もう少し症状が悪化したらまた来てくださいね」

みたいな。
そりゃ、もっと状態の悪い患者を優先したいというのは当然かもしれません。

確率の問題

結局は確率の問題で、確率が高まってくると精密検査をしますが、症状から見て確率が低いときはモヤッとした感じで終わることは多いです。

以前、健康診断で「肺に影がある」と言われて再検査になりましたが、再検査でも「確かに影みたいなのはあるね」と言われて終わってしまいました。
「軽いマイコプラズマ肺炎の可能性があるのかもねー」みたいな。

正常とはちょっと違うけど、直ちに手術が必要なリスクのある状態ではないから経過観察してみましょう。

意外とこういうところに落ち着いてしまいます。
確率が低いので、異常はあるけど放置というところですね。

自分で折り合いをつけていくしかない

上記から考える結論としては、

「自分の体のことは自分で折り合いをつけていくしかない」

ということです。
ある程度痛いのはしょうがないし、誰かが答えをくれるわけでもないし、自分でそれなりに管理していくしかない。
当たり前といえば当たり前の結論ですね。

というわけで、私は日々それなりに気をつけて生活しています。
一人会社の代表取締役という立場なので、自分が倒れたら色々終わっちゃいますからねー。

私が今のところ具体的にやってるのは以下のとおり。

・食事 朝ごはんを食べす、昼ごはんはできるだけ炭水化物控えめでライトなものに
・運動 ジムに通って運動、5~10km程度の散歩、ストレッチ
・睡眠 睡眠時間は最低6時間は取るように
・栄養補助 サプリを飲む

食事について

私は一日二食が良いと考えているので、朝ごはんは食べません。
ノマドしてモーニングが出てきたときは食べてしまいますが。

一日二食健康法は別記事にがっつり書けるくらいのネタですが、簡単に言えば1日のうちで内臓が完全に休めるタイミングを作ってあげるという考え方です。
3食時間通りに食べていると、常に内臓の一部が働き続ける状態になっていまうので。

というよりも、昔から朝ごはんを食べるとその後お腹の調子が悪くなってトイレから出られなくなるので、食べなくなっただけですけどね。
理由は後付けです。

昼ごはんは誰かと食べるとき以外はなるべくライトにしていますよ。
ガッツリ食べると眠くなりますしね。

コンビニのおでんと枝豆と納豆みたいなめちゃくちゃな組み合わせで食べています。

夜は特に制限はなく、あえて言えば普段はできるだけご飯を少なめにする感じかな。
お酒は一人では全く飲みません。

運動について

それほどストイックにやっていませんが、仕事上運動不足になりがちなので出来る限りやってます。
たまにジムに行って追い込むのと、長距離散歩が多いですね。

ジムはぶっちゃけ月1くらいでしか行ってないので、筋肥大は狙えません。
なかなか行くタイミングがないんですよね。

散歩は趣味なので、結構歩いています。
方角だけ決めてどんどん歩いて行き、帰りは電車とバスで帰ります。
わざわざ旅行に行かなくても、自分の住んでいる周りも知らないことだらけで意外と面白いですよ。

睡眠について

独立した当初は睡眠時間を削ってストイックにやってましたが、もう無理です(笑
というか、そんなのをずっと続けていたら体が死にますよ。

継続するためには体が資本なので、やはり睡眠時間は重要ですよね。
とは言え、人生の中でやらなきゃいけないときは何を削ってでもやらなきゃいけないとは思いますけどね。
メリハリの問題。

最近は最低6時間、基本は7時間と考えて寝ています。
長時間睡眠もメリットがないのでしません。
寝だめはできないし、もう寝だめをする必要もないし。

栄養補助について

サプリはアラフォー、30代、40代の一つのテーマでしょう。
自分で健康維持して折り合いをつけていくと考えた場合、ここは外せないですよね。

日本でも機能性表示食品が話題になっている通り、アメリカのように「自分で健康を維持する」という考え方が一般的になりつつあります。
というか、それが国の方針だと言えます。
介護だって居宅を軸に移そうとしていますよね。

中学生くらいからサプリや栄養補助食品を飲んでいる私ですが、最近は大塚製薬の「ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル」を飲んでいるだけですね。
あ、筋トレした日だけプロテインを飲んでいますが、これは健康維持とはちょっと違いますね。

体の節々が痛くなりやすいので、コラーゲン系を始めたいと考えています。
グルコサミン、コンドロイチンとかも必要なのかな?
もう少し色々研究してみよう。

まとめ

今後は運動やサプリなどもう少し深掘りしてやっていきたいと思っています。
同じような悩みを抱えている人は多分いくらでもいると思いますので、自分で実践して少しでもお役に立てる情報を書いていきたいと思います。

マットレスを変えたら結構いい感じ!

この記事を書いてから1年、自分の体と付き合いながら色々なことを試してきました。
その中で、ベッドマットレスを変えたのはかなり分かりやすい効果を感じました。

記事にまとめてみましたので、よろしければどうぞ。

高級マットレスの選び方!肩が痛い私が色々試して選んだオススメは?

スポンサーリンク

ad


最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事

文化祭のおすすめ出し物!人気は食べ物?ゲーム?ダンス?

文化祭は高校生、大学生の一大イベント 日も短くなってきて、ほのかに秋の気配が漂ってきましたね。

記事を読む

小学生、子供のおねしょの意外な原因と治す方法。経験者は語る

おねしょは子供の心にダメージを与える 私は小さい頃から全くおねしょをしないタイプでした。

記事を読む

デートに着ていく服がない!お店で服が買えない若者急増中?

お店で服が買えない男子が増えている? みなさん、ファッションは好きですか? 私は正直に言

記事を読む

春一番の定義とは?ピークはいつくらい?春二番もある?

そもそも春一番って明確な定義はあるの? 今週は全国的に暖かくなるようですね。 ここ最近は寒い

記事を読む

クリスマスイルミネーションはLED普及で郊外の住宅にも増加中

クリスマスと言えばイルミネーション? もうすぐクリスマスがやってきますね。 早いところだとク

記事を読む

no image

月見団子の由来とは?関東、関西、名古屋でお団子が違う?

もうすぐ十五夜、月見団子 皆さん、夏バテしていませんか? 8月もお盆を過ぎると夏の終わりを感

記事を読む

旬のキノコの栄養素。冷凍保存とオススメ活用術!

旬のキノコの魅力を紹介! もう、夜になると秋の虫の声が聞こえるようになってきましたね。 あま

記事を読む

瞬間風速105m/s!脅威の史上最強台風とは?【動画あり】

最強台風と呼ばれた2014年台風8号は本当に最強だったのか? 台風の季節です。 私が小学

記事を読む

これで解決!運動会スローガンの決め方や事例をご紹介

運動会のスローガンを決めるのは意外と大変 暑かった夏も終わり、秋の雰囲気が漂ってきましたね。

記事を読む

歯医者の怖い話!無痛治療なのに痛い理由とは

痛い歯医者は嫌ですね 近年、「無痛治療」をうたっている歯医者さんは増えてきました。 患者とし

記事を読む

web軍師

名古屋在住の30代。法人三期目。
Webマーケター、投資家。

【趣味】子供と公園巡り
【好きな言葉】禍福は糾える縄の如し
【好きな軍師】陳平、賈詡

VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に
VIOが剛毛な私が断言する。自己処理は無理!脱毛は必ず回数無制限に

剛毛ならVIOは回数無制限でしっかり脱毛 毛深い女のVIO。

セルライト解消はエステでプロに任せたほうが良い理由。効果を上げる方法
セルライト解消はエステでプロに任せたほうが良い理由。効果を上げる方法

セルライト、すぐにでも解消したいですよね 太ももやふくらはぎをぎ

湘南美容外科でメンズ全身脱毛した男が、口コミや効果、料金など完全解説
湘南美容外科でメンズ全身脱毛した男が、口コミや効果、料金など完全解説

湘南美容外科のメンズ全身脱毛ってぶっちゃけどうなの? 初めての全

ミュゼの口コミ無視して100円契約してきた実体験を公開!

口コミも気になるけど、まずは実際にミュゼの100円脱毛に突撃!

注文住宅の外構見積もりが高い!20%以上安くする方法を紹介
注文住宅の外構見積もりが高い!20%以上安くする方法を紹介

注文住宅の外構費用って、高くて悩みますよね 「外構って、こんなに

シナプソロジーの効果!インストラクター資格を取得した僕が実態を解説
シナプソロジーの効果!インストラクター資格を取得した僕が実態を解説

シナプソロジーにはどんな効果があるのか シナプソロジーとは、”脳

大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話
大学生の全身脱毛はどこがいい?学割を使って銀座カラーで契約した話

大学生のわたしが銀座カラーを選んだ理由 大学生、それは「人生の夏

転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的
転職で書類選考率を上げる方法。書き方よりも資格取得が現実的

転職の書類、書き方ばかり気にしていませんか? 転職活動の第一関門

妊娠中、生理中のエステは内容によってOK、NGがある。全て解説します
妊娠中、生理中のエステは内容によってOK、NGがある。全て解説します

妊娠中や生理中ってエステに行っていいの? 「妊娠中・生理中って別

レジーナクリニックの口コミや評判を検索しても全く意味がない理由

レジーナクリニックの口コミや評判を調べる人が急増中 脱毛をしたい

→もっと見る

  • ミュゼ
PAGE TOP ↑